コーヒープレスの美味しい淹れ方。おすすめの温度や挽き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒープレスはプロのバリスタが使てって、なんだか難しいイメージがあるかもしれません。
実はコーヒープレスは器具さえあれば簡単に誰でも淹れることができます。そして、少しのポイントをおさえればより一層美味しく淹れられます。
お好きな豆をお気に入りのカップで飲む至福の時間を、コーヒーオイルも入ったコーヒープレスで作りましょう。

コーヒープレスの特長

出典 : www.amazon.co.jp

コーヒープレスの味わいの特長

コーヒープレスの淹れ方は単純でプレスの器具にコーヒー豆を入れてお湯を入れ、待つだけでコーヒーが出来上がります。

味わいの特長は、コーヒーオイルによるコクが強い点です。
ドリップコーヒーやネルコーヒーの場合、紙や布でコーヒーを濾すため、コーヒー内部にある油成分、コーヒーオイルは紙や布に吸着されてしまいます。
一方、コーヒープレスでは、金属のフィルターで濾すため、油成分をそのままカップに移すことができます。

コーヒーオイルはコーヒーの香り成分や苦み成分を多く含んでいるため、ドリップコーヒーと比べると、コーヒープレスのコーヒーは、コクが強いことが特長です。

他の淹れ方と比較したときのコーヒープレスの特長

コーヒープレスの特長は、ぶれが生じにくく、再現性が高く、簡単に淹れれることです。

実がコーヒーは、同じ味をコンスタントに出すことは非常に難しいです。
一般的によく知られているペーパードリップはドリップする際に技術が必要です。そのためお店のような一定の味を自宅で出すのはなかなか難しいです。

技術がそんなに必要のないコーヒープレスは、コーヒーの味を選定するカッピングでも採用されるほど、ぶれが生じにくく、自宅で「いつものコーヒー」を味わえるようになります。

コーヒープレスの美味しい淹れ方

コーヒープレスのコーヒーの淹れ方の流れを紹介します。
非常に簡単にコーヒーを作ることができます。

①コーヒープレスの中に、コーヒーとお湯を入れる

まずは、コーヒープレスの中に挽いたコーヒー粉を入れます。
粉を入れた後、平らになるように、コーヒープレスを軽くトントンと振って整えます。

その後、粉全体にお湯がかかるようにお湯を注ぎます。コーヒー粉が踊るようなイメージで勢いよく注ぎます。

②撹拌させて、一定時間待つ

お湯を入れた後は、一定時間そのまま放置します。
ちゃんとコーヒーとお湯を接触させたい場合は、スプーン等で撹拌させてもかまいません。
4分ほど放置します。
そのときプランジャーは上げたままにしておきます。

③プランジャーを下にさげると、コーヒーの出来上がり

最後に、時間が来たらプランジャーをゆっくりと下までさげます。
プランジャーが金属フィルターの役割を果たしていて、コーヒーとお湯を分離してくれます。

そのままカップに、コーヒーを注いだら出来上がりです。

非常に簡単です。

淹れ方については、こちらの記事でも解説しています

フレンチプレスでの美味しいコーヒーの淹れ方とおすすめのフレンチ…

コーヒー好きにとって、コーヒーを淹れるひと時も楽しみ1つです。さて、今回はその中でも、フレンチプレスという淹れ方を説明していきます。ユニークなカフェが増えてき…

コーヒープレスを美味しく淹れるためのコツ・ポイント

コーヒーを淹れるときに確認しないといけないことは4つだけです。
「コーヒーの量」、「お湯の量」、「お湯の温度」、「抽出時間」
この四つを注意すればコーヒーは美味しく淹れることができます。
ここでは、フレンチプレスを美味しく淹れるための黄金比をご紹介します!

コーヒー豆の量は8~10g/杯、挽き目は粗め!

・コーヒー豆の量 は、8g/杯
コーヒー豆の量はあくまでも目安ですので、お好みで調整(1g~3g)してみてください。

・コーヒーの挽き目は、粗挽き
金属フィルターを使用しますので、粗めに挽いたコーヒーを使ってください。
粗くしないと、粉がカップに移ってしまいます。

移ってしまうと、コーヒーの苦みが強くなってしまいます。
ドリップコーヒー用のコーヒーですと、すこし細かすぎると思います。

お湯の量は140mL/杯、温度は90~93℃!

・お湯の量は、140mL/杯
コーヒーの量8グラムに対して、140mLのお湯がバランスのいい量になります。
濃いめが好きな方はお湯の量を少なく調整してください。

・温度は90~93℃
お湯の温度は非常に重要です。
沸騰直後のお湯ではなく、少し冷ましたお湯を使用してください。沸騰後数分待っていただくとちょうどよい温度になると思います。

抽出時間は4分!

・抽出時間は4分間
タイマーなどをつかってきっちり時間をはかります。
お湯を入れ始めて4分間になりますので、お湯を入れる直前にタイマーをスタートさせてからお湯を注ぎましょう。

コーヒーの焙煎度合いはお好みに合わせて

焙煎度合いについては、浅めでも、深めでも美味しく淹れることができます。

苦みが強いコーヒーが好みの方は、焙煎度合いが深いコーヒーを選んでください。
フルーティーなコーヒー、産地の特長を感じたい方は、焙煎度合いが浅めのコーヒーを選ぶことをお勧めします

焙煎についてはこちらも記事も

コーヒーの味の決め手!「焙煎」と「産地」について

コーヒーを楽しむ上で知っていて損はない「焙煎」と「産地」による味の違いについてご紹介します。

自分の好みの味にするためには、調整が必要

今回、ご紹介した数はベースとなる量だと認識してください。
これらの数量を少しずつ変えることでより、自分好みのコーヒーにしてください。

どうやって調整すればいいのかわからない方はこちらへ

ドリップの味がおかしい?ドリップコーヒーの味をうまく調整するコツ

ドリップをしていていつも思うことは、本当に味の再現性を取ることが難しいなと思うことではないでしょうか?昨日はうまくいったのに、今日は味が違うなんてよくありますよ…

最後に

出典 : www.pakutaso.com

ちょっとしたコツとポイントをつかめば簡単に淹れられるコーヒープレスですが、何よりもの特徴がコーヒーオイルをそのまま味わえるのがうれしいところです。
基本の淹れ方をマスターしたら自分の好みの豆の量やお湯の量、抽出時間をかえてみるのもいいかもしれません。
自宅で淹れるのは手間がかかりますが、一番おいしいと思う淹れ方で淹れられるのが最大のメリットです。
自分だけの美味しいコーヒーをぜひコーヒープレスで淹れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*