コーヒーメーカー5種を解説!自分にピッタリの一台を見つけよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しい朝やちょっとホッと一息つきたいときなど、家で本格的なコーヒーを手軽に飲めたらうれしいですよね。そんな夢を叶えてくれるのがコーヒーメーカー。簡単にこだわりの一杯が飲めるので一家に一台はほしくなります。
今回はコーヒーメーカー5種のしくみと特徴を解説します。自分の好みに合わせてピッタリのコーヒーメーカーを見つけるヒントになればと思います。

代表的な5種類のコーヒーメーカー

コーヒーメーカーには入れ方や機能によって、様々な種類がありますが下記にあげた、代表的な5種類に絞ってご紹介します。
1.ドリップ式
2.サイフォン式
3・プレス式
4・ポンプ式
5.カプセル式
5種類の方式でいれたコーヒーは、味わいも楽しみ方も変わってきます。それでは詳しく見ていきましょう。

 

ドリップ式

 ドリップ式とは、コーヒー粉と水をセットして抽出する一番シンプルな仕組みのコーヒーメーカーです。抽出できるのはドリップコーヒーのみになります。ドリップだけのもの以外に、コーヒーミルがついている全自動タイプのもの、魔法瓶にサーブするものなどがあります。フィルターは紙製のものや金属性や樹脂製のものがあります。

ドリップ式コーヒーメーカーの味の特長は?

 ドリップ式コーヒーメーカーで作ったコーヒーの味は、スッキリとしてなめらかな口当たりが特徴です。一般的に紙のフィルターを通してドリップしたものは、コーヒーオイルや微粉末を濾過するのでスッキリと舌味わいになるのです。金属製や樹脂製のフィルターではこれらが少量残ってドリップされるので、ややコクのある味わいに仕上がります。

サイフォン式

 サイフォン式とはコーヒーの抽出方法の一つです。器具を下から温めて蒸気圧の変化でフラスコとロートの間を湯が往復する際、コーヒーと湯が撹拌→濾過されてコーヒーができる仕組みです。喫茶店やコーヒー専門店で使用されているイメージの強いサイフォンですが、家庭用のものも販売されています。 ドリップ式より旨味を引き出しやすい抽出方式と言われています。また、お湯が上下に移動してコーヒーが出来上がる様子はエンターテインメント性も相まってコーヒーファンには根強い人気を誇っています。自宅でレトロな喫茶店気分を味わうのにピッタリです。

サイフォン式の味の特徴は?

 サイフォン式コーヒーメーカーで淹れたコーヒーの味は、上品でまろやか、苦味や酸味・香りのバランスがよいところだと思います。器具の中で豆を撹拌と浸漬→濾過することで、短時間で十分に豆の旨味を引き出します。ドリップ式は味を安定させて抽出することが難しいと言われていますが、サイフォン式は味が安定して淹れることができるという特徴もあります。

プレス式

 プレス式(コーヒープレス)とはコーヒー粉をプレスにいれ、お湯を注いで蒸らし、その後蓋をゆっくりと下げて濾過する仕組みのものです。日本では紅茶をいれるのに使用する人が多いのですが本来はコーヒーメーカーです。フレンチプレス、アメリカンプレス、エアロプレスと抽出方法に違いがありますが、基本的な仕組みは同じで総じてコーヒープレスと呼ばれています。 コーヒー粉とお湯をいれ、上から押して注ぐだけというシンプルな方法。お湯があれば電気も火も使わずに簡単にコーヒーを抽出できます。

プレス式の味の特徴とは?

 プレス式のコーヒーメーカーの味の特徴とは、コクがあってドッシリとした味わいに仕上がります。ドリップ式やサイフォン式と違いフィルターを通しません。そのため、コーヒーオイルが多く残りこれがコクを生み出します。微粉末も残るため余韻を長く楽しめるのも特徴の一つです。コーヒー本来のコクのある味わいをダイレクトに楽しみたいという方にはおすすめの方式です。      

ポンプ式

 ポンプ式とはエスプレッソマシーンのことです。コーヒーに高い圧力をかけることにより、少量の湯で抽出したコーヒーがエスプレッソです。より凝縮された濃厚な味わいを楽しむことができます。ミルクをいれてカフェラテやカプチーノにしたり、楽しみ方のバリエーションが豊富なのも魅力です。
主にポンプの力で圧力をかける電気式のエスプレッソマシーンをポンプ式と呼び、大きく分けるとロータリーポンプ式とバイブレーションポンプ式の2種類があります。ロータリーポンプ式は静かで丈夫ですが高価です。バイブレーション式は音が大きめで耐久性が強くありません。しかしロータリーポンプ式に比べると安価です。本格的にエスプレッソを楽しみたい、ゆくゆくはカフェを開いてみたいという方は一度ご購入を検討してみるのもありかと思います。
本格的なエスプレッソマシーンはハードルが高いという方には、インスタントコーヒーのコーヒーメーカーがおすすめです。こちらもポンプ式に分類されます。インスタントコーヒーに圧力をかけて、エスプレッソのように濃厚な味わいのコーヒーを作り出すことができます。また、パウダーミルクを使うことによりカプチーノやカフェラテなどのカフェメニューもできます。よりカジュアルにエスプレッソを楽しみたいという方にいかがでしょうか?

ポンプ式の味の特徴は?

 ポンプ式のコーヒーメーカーの味の特徴は、少量の湯で圧力をかけて抽出するエスプレッソ。そのため、ドリップ式ではできない濃厚でありながら、雑味を抑えた味わいを楽しむことができます。また、エスプレッソを抽出する際に発生するクレマ(泡)によって、クリーミーな口当たりを楽しむことができます。

カプセル式

 カプセル式とは、カプセルをコーヒーメーカーにいれて、スイッチを押すだけでコーヒーが抽出されるというものです。その手軽さから最近人気を博しています。このコーヒーメーカーは操作の手軽さも特徴の一つなのですが、カプセルを変えればラテや抹茶、紅茶などコーヒー以外のカフェメニューを楽しめるのも魅力の一つです。
カプセル式コーヒーメーカーは様々なメーカーから製品が発売されていますが、その製品に対応したカプセルしか使用することができません。

カプセル式の味の特徴は?

 カプセル式のコーヒーメーカーで淹れたコーヒーの味の特徴は、何と言ってもバリエーションの豊富さではないでしょうか?エスプレッソだけではなく、抽出時間を長くしたルンゴ、逆に短くしたリストレット、さっぱりとした味わいのアメリカーノと、エスプレッソから派生するメニューだけでも多岐にわたります。
また、ミルクを使うことによりラテやカプチーノを楽しむことができます。対応しているコーヒーメーカーによっては、抹茶ラテやキャラメルラテ、ショコララテなどのカフェメニューをボタン一つで作ることができます。
また、カプセルに真空密封することで、豆の酸化を防ぎ新鮮な状態を保つことができます。自宅でコーヒー粉を保管するとどうしても空気に少しずつ触れてしまいます。味わいを保つという点でも、カプセル式はメリットが多いといえます。

どんなコーヒーメーカーが私には合ってる?

 代表的なコーヒーメーカー5種類の特徴がわかってきたら、今度は自分にあったコーヒーメーカーを選ぶときのポイントを見ていきましょう。
選ぶときは下記に上げたポイントに着目すると良いと思います。
・飲みたいコーヒーの種類
・簡単さ
・ランニングコスト
・人数
例えば、ドリップコーヒーを毎日家族と飲みたいという方は、容量の多いドリップ式を。コクのある味わいのコーヒーをおしゃれに飲みたいという方はプレス式を。カフェラテや抹茶ラテで週末のおうちカフェを楽しみたいという方はカプセル式を、というように飲みたいシーンを想像しながら購入するといいでしょう。
 

おすすめのコーヒーメーカー

ドリップ式 シロカ 全自動コーヒーメーカー ガラスサーバー SC-A111

 豆を入れてからコーヒーサーブまで全ておまかせにできるのが全自動コーヒーメーカーのメリットです。朝の忙しい時間に挽きたてのコーヒーをいれながら、他の作業ができるのはうれしいですよね。便利なだけではなくシロカのコーヒーメーカーには「蒸らし機能」がついています。最初に少しのお湯を注ぎ、蒸らしを行うことによりコーヒーに含まれる油脂と水分が馴染み全体にお湯が浸透、これによりコーヒー本来の味を引き出せるのです。利便性とこだわりの淹れ方を両立した優秀なコーヒーメーカーです。

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A111 [ガラスサーバー/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし]

Amazon楽天市場

おすすめのドリップ式コーヒーメーカーはこちらから

全自動コーヒーメーカーの選ぶポイントと、注目のコーヒーメーカー

いま一番、脚光をあびているのはミル付きの全自動コーヒーメーカーです。全自動タイプのいいところは、手間は全くなく、簡単に挽きたてのコーヒーを淹れることです。です…

ドリップ式 象印 珈琲通 コーヒーメーカー EC-GB40-TD

 ドリップ式のコーヒーメーカーでもう一つ、こちらはコーヒー粉をいれて使うタイプのものです。魔法瓶で有名な象印から出ています。価格は2000円台〜4000円台と低価格ながら機能は十分充実しています。特徴の一つは浄水機能がついていることです。コーヒーのおいしさは水の良し悪しで左右されます。カルキ臭のもととなるカルキを98%除去してくれるので豆本来の香りを楽しむことができます。また、水タンクは着脱式ですので、水道から直接入れてそのままセット。水を注ぐときにこぼしてしまった!ということもありません。タンクを外して水洗いできるので清潔に保てます(同じデザインで水タンク着脱式のものと据え置きのものとあります)。十分な機能を搭載してこのコスパは、初めてのコーヒーメーカーを検討されている方にはピッタリかと思います。

象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-GB40-TD

Amazon楽天市場

ミル付きではないドリップ式コーヒーメーカーはこちらから

【全自動コーヒーメーカーじゃない】おすすめのコーヒーメーカー!

今回は実際に販売されているコーヒーメーカーでお勧めの機種をご紹介したいと思います。

サイフォン式 ツインバード工業 TWINBIRD CM-D854BR

 サイフォン式の中では珍しい電気使用ののコーヒーメーカーです。アルコールランプは危なくてハードルが高いけど、電気式なら比較的安全です。喫茶店の雰囲気をお家で楽しむにはもってこいです。淹れ方はすこしコツがいりますが、サイフォンならではの「手間暇かけたこだわりの一杯」を楽しむことができます。サイフォン入門にちょうど良いコーヒーメーカーです。

TWINBIRD サイフォン式コーヒーメーカー ブラウン CM-D854BR

Amazon楽天市場

プレス式  ボダム シャンボール

 プレス式とりわけフレンチプレスといえば、このボダム社のものをイメージする方も多いと思います。洗練されたデザインとリーズナブルな価格。容量も0.35L~1Lと淹れる人数に合わせたサイズが用意されています。中のガラスが割れた場合も交換用ガラスがあり長く使うことができます。豆はフレンチプレス用に挽いたものを使用しましょう。

【正規品】 BODUM CHAMBORD コーヒーメーカー 350ml 1923-16

Amazon楽天市場

コーヒープレスの美味しい淹れ方はこちらから

フレンチプレスでの美味しいコーヒーの淹れ方とおすすめのフレンチ…

コーヒー好きにとって、コーヒーを淹れるひと時も楽しみ1つです。さて、今回はその中でも、フレンチプレスという淹れ方を説明していきます。ユニークなカフェが増えてき…

ポンプ式 デロンギDelonghi ESAM03110 コーヒーメーカーMAGNIFICA[全自動 /ミル付き]

 エスプレッソはイタリアが発祥。そのためエスプレッソマシーンを製造しているメーカーもイタリアに集中しています。その中でもデロンギ(Delonghi)社は世界的に有名な企業です。家庭用でおすすめなのが、こちらのMAGNIFICAシリーズです。挽き豆から抽出までを全自動で行います。抽出量や粉の量もパネルのつまみをまわすだけというシンプル設計で初心者でも使いやすい設計です。また、低速回転で豆を挽く、コーン式グラインダーを採用しており、コーヒーの命ともいえる香りが摩擦熱で失われるのを防いでくれます。フォームミルクを作る機能もあり、家庭用エスプレッソマシーンとしては十分な機能を備えています。

【エントリーモデル】デロンギ 全自動コーヒーマシン マグニフィカ シルバーESAM03110S

Amazon楽天市場

こちらではおすすめのデロンギのエスプレッソマシンを紹介しています

おすすめのデロンギの全自動エスプレッソマシン4選!

デロンギはエスプレッソ発祥の国イタリア生まれの家電メーカーです。イタリア製なのでデザインはスタイリッシュでお洒落、しかもいろいろな用途の家電製品をとり扱っているの…

ポンプ式 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ

 ポンプ式でも、インスタントコーヒーに特化したコーヒーメーカーをご紹介します。ネスカフェゴールドブレンドバリスタはインスタントコーヒーをセットすることで、5種類の多彩なメニューを手軽に楽しめます。インスタントコーヒーのセットも、上から差し込むだけというシンプル設計なので、初めての方でも簡単に使用できます。普段はインスタントコーヒー派の方も、本格的なカフェメニューを楽しむことができます。

ネスレ ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタアイ  プレミアムレッドNESCAFE GOLDBLEND BARISTA i HPM9635-PR

Amazon楽天市場

カプセル式 ネスレネスプレッソ Nestle Nespresso F111-WH カプセル式コーヒーメーカー Lattissima One ラティシマワン

 カプセル式コーヒーメーカーでといえば、ネスレネスプレッソとネスレドルチェグストの2つがあげられます。2つの主な違いは対応しているメニューにあります。ネスプレッソはその名の通りエスプレッソの抽出をカプセルでお手軽にできるというのがコンセプトのコーヒーメーカーです。高い抽出気圧によりエスプレッソの魅力であるクレマ(泡)をたっぷり立てることができます。本格的なエスプレッソを淹れることができます。ミルクカプセルには対応してませんが、ミルクタンクがあれば、カプチーノやカフェラテ用にフォームミルクを作ることができます。

F111WH(ホワイト) コ-ヒ-メ-カ- ラティシマ・ワン

Amazon楽天市場

本当に美味しいカプセルコーヒーであれば、「マスターオリジン」がおすすめ

絶対買い!ネスプレッソの「マスターオリジン」がホントにおいしい!

ネスプレッソがマシンやカプセルをリニューアル。私がお勧めしたいのが「マスターオリジン」のエチオピア。モカの甘さと酸味がすごくいい感じ。さらにLohacoでも買えるよう…

カプセル式 ネスカフェドルチェグスト ジェニオ2

 ネスプレッソにたいして、ネスカフェドルチェグストは豊富なカフェメニューが魅力です。ミルクカプセルにより抹茶ラテやカフェラテなど多彩なミルク系のメニューをボタン一つでつくることができます。もしネスプレッソかドルチェグストか迷ったらカプセルをまずチェック。飲みたいメニューのカプセルが、ネスプレッソに対応しているかドルチェグストに対応しているのかを判断材料に検討するといいでしょう。

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム ワインレッド MD9771-WR

Amazon楽天市場

どっちが買い?? ネスカフェ「ドルチェグスト」と「ネスプレッソ…

ネスカフェ「ドルチェグスト」も「ネスプレッソ」も、両方ともカプセル式コーヒーメーカーと呼ばれる製品です。そのため、使い方は非常に簡単で、誰でもコーヒーを楽しむこ…

まとめ

 いかがでしたでしょうか?たくさんのコーヒーメーカーの仕組みと特徴を見てきましたが、どれを買うか迷ってしまったら、自宅でコーヒーを飲む自分の姿を思い浮かべるといいかもしれません。レギュラーコーヒーをたっぷり楽しみたいのか?豊富なカフェメニューを楽しみたいのか?一杯のコーヒーを淹れる、その時間自体を楽しみたいのか?イメージすることによって自分だけのコーヒータイムにあったコーヒーメーカーを探し出せると思います。おうちですてきなコーヒータイムを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*