おすすめのペーパーレスのコーヒーメーカー5選

NO IMAGE

自宅でもインスタントではなく、ドリップした美味しいコーヒーが飲みたいと思ったとき、コーヒードリッパーの購入を検討するかと思います。一般的なドリッパーはペーパードリップ式ですが、現在はペーパーフィルターを使わずにコーヒーをドリップできる、ペーパーレスコーヒードリッパーが登場しています。今回はペーパードリップ式とペーパーレスドリップ式での味の違いや、おすすめのペーパーレスコーヒーメーカーについて紹介していきます。

ペーパーレスコーヒーメーカーの味の特長

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

ペーパーフィルターを使ったコーヒードリップと、ペーパーレスなコーヒードリップには、紙フィルターの使用有無以外にも違いがあります。
ペーパーフィルターを使わないことによって、紙フィルターを使ったときとは違う味の特長が出てくるのです。
ここでは、コーヒーを楽しむに当たって重要になる味の違いについて紹介します。

ペーパー有りとペーパーレスの味の違い

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

一般的に利用されているペーパー式のコーヒードリッパーですが、実はドリップする間にペーパーフィルターにコーヒーの油分が吸収されてしまい、本来楽しめるはずの旨みが損なわれています。
ペーパーレスコーヒードリッパーでしたら紙フィルターを使わないため、コーヒーの旨み成分である油分がそのまま抽出されます。
そのため、より深みがあり豆本来の味わいを楽しめるコーヒーを淹れることができます。

また、ペーパーフィルターを利用すると、種類によっては紙フィルターの匂いがコーヒーに移ってしまいコーヒーに紙の匂いが混じってしまうことがあります。
ペーパーレスコーヒードリッパーなら、せっかくの美味しいコーヒーに紙の匂いが移ってしまうこともなく、風味を最大限に楽しむことができます。
 

美味しさの源コーヒーオイル

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

コーヒーの元となるコーヒー豆にもごま油やオリーブオイルと同じように、油が含まれています。
コーヒー豆を見たことがある人でしたら、表面が油に濡れたように光っているのを見たことがあるかと思います。あれがコーヒーオイルです。あまり知られていませんが、コーヒー豆の10%から20%はオイルでできていると言われています。

コーヒーオイルの中にはコーヒーの独特の香り成分が含まれており、コーヒー本来の香りや美味しさを引き出す要となっています。

 

コーヒーオイルを抽出するには?

出典 : image.rakuten.co.jp

実際に淹れるコーヒーにもコーヒーオイルを抽出することができます。
コーヒーの表面に薄く油の膜が張られていたら、それは抽出されたコーヒーオイルです。
そのコーヒーオイルを抽出するためにうってつけなのが、ペーパーレスコーヒードリッパーです。

ペーパーレスコーヒードリッパーに使われるステンレスフィルターは、紙フィルターより目が粗く、コーヒーオイルが抽出されやすい仕組みとなっています。
コーヒーオイルを抽出することができれば、コーヒー本来の濃厚な風味が味わえますので、あっさりとしたコーヒーよりも香りや甘みがはっきりとした「濃い」コーヒーを楽しみたい方におすすめです。

ペーパーレスのコーヒーメーカーの種類と選び方

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

ペーパーレスコーヒーメーカーのメリットが分かったところで、実際にペーパーレスコーヒーメーカーにはどのような種類があるか、具体的に見ていきましょう。
ペーパーレスコーヒーメーカーの購入を検討している人は、これを読んで自分が求めているのはどのような種類なのか、選ぶ際の参考にしてみてください。

フィルターの種類について

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

ペーパーレスのコーヒードリッパーは主にステンレスフィルターを採用しています。
ペーパーレス、という言葉が表しているように、ステンレスフィルターは洗って何度でも繰り返し使うことができ、経済的でエコにも繋がります。
ただし、ペーパーフィルターより目が粗いため、淹れた後のコーヒーの粉が入り込むことがあります。それをきちんと落とさないと、古いコーヒー粉が残ってしまい、そのあとに淹れたコーヒーの風味を損なうことがあります。

また、紙フィルターは使ったらそのまま捨てるだけで良いですが、ステンレスフィルターはその都度洗わないといけないため、こまめな作業が苦手な方はよく考えてから購入することをおすすめします。

淹れられる杯数について

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

ペーパー式のコーヒードリッパーでもそうですが、一度に淹れられる杯数もコーヒードリッパーを選ぶ際の注目する点となります。
複数杯淹れられるものが多いですが、一人暮らしなのか、それとも家族でコーヒーを楽しむのか、用途によってコーヒードリッパーを選ぶようにしましょう。

ペーパーレスのコーヒーメーカーおすすめ5選

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

それでは、筆者が厳選したおすすめのペーパーレスコーヒードリッパーを紹介します。
デザインや特徴など様々なものがありますので、コーヒードリッパー選びの際の一つの参考にしてみてください。

1.siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

シロカから発売されている全自動のコーヒーメーカーです。
タイマー予約機能が内蔵されており、コーヒーを淹れたい時間にタイマーをセットしておけば、希望の時間に自動でコーヒーが淹れられます。朝など手が離せない忙しい時間にぴったりの機能です。
また、真空二重ステンレスサーバーを採用しているため、コーヒーが冷めにくく、長く淹れたての美味しさを楽しむことができます。
一回で杯数はコーヒーカップ最大4杯まで可能、豆の挽き方や淹れ方まで選べるため、コーヒーにこだわりのある人でも好みのコーヒーを見つけることができます。

siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121 タングステンブラック [コーン式ミル/Wステンレスサーバー/紙フィルター/選べるテイスト/予約タイマー/自動計量/豆・粉両対応]

Amazon楽天市場

2.デロンギ アクティブ ICM14011J

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

イタリアの家電ブランド「デロンギ」から発売されている、スタイリッシュなデザインが特徴的なコーヒーメーカーです。
幅180×奥行200×高さ270のコンパクトサイズで場所を取らず、色展開も黒、白、赤の三種類あるため、好みや置く場所の雰囲気に合わせて色を選ぶことができます。

また、コーヒーの風味を引き出すアロマボタンが付いており、これを押すと本格的ハンドドリップの手法に近い抽出方法でコーヒーが淹れられます。じっくり蒸らした風味抜群のコーヒーを自宅に居ながら楽しむことができます。
コンパクトながら、最大5杯までのコーヒーを一度に淹れることができる優れものです。

デロンギ コーヒーメーカー アクティブシリーズ パッションレッド ICM14011J-R

Amazon楽天市場

3.アイリスオーヤマ コーヒーメーカー 全自動 IAC-A600

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

家電やインテリア、寝具など幅広い商品展開の「アイリスオーヤマ」より発売されている全自動のコーヒーメーカーです。

簡単な操作でいつでも淹れたてのコーヒーを楽しむことができ、一度に最大4杯まで抽出することが可能です。中挽きと粗挽き2種類の挽き方を選べる調節機能や、コーヒー粉を使って淹れることができるドリップモードも搭載されています。
また、洗って繰り返し使えるメッシュフィルターを採用しており、利用後は取り外して洗うことができるため、ペーパーレスでも簡単にお手入れができるように工夫されています。

アイリスオーヤマ コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用 ブラック IAC-A600

Amazon楽天市場

4.siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A111

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

シロカから発売されている、ミル内蔵式のコーヒーメーカーです。
ミルを内蔵しておりしかも全自動のため、いつでも挽き立ての風味豊かなコーヒーを淹れることができます。ステンレスメッシュフィルターを採用しているため、再利用できてエコなのはもちろん、ペーパーレスコーヒーメーカーならではの、コーヒーオイルが抽出された濃厚なコーヒーを楽しめます。

また、長方形のコンパクトなデザインのため、机やキッチンなどにすっきりと収納することができ、場所を取らず快適に癒しの時間を過ごすことができます。
一回で最大4杯まで抽出可能、マグカップでしたら2杯までドリップ可能です。

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A111 [ガラスサーバー/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし]

Amazon楽天市場

5.クイジナート コーヒー&ホットドリンクメーカーSS-6BKJ

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

「クイジナート」はアメリカに本社のあるコンエアー社が展開する、キッチン家電を中心としたブランドです。
このコーヒーメーカーの最大の特徴は、専用のフィルターカップを使ってコーヒーだけではなくお茶なども抽出可能な点です。
コーヒーが苦手な来客があった際にも、臨機応変に対応することができます。
また、市販のコーヒーやお茶のカプセル「K-Cup」を利用して、ドリップ式だけではなくカプセル式でもドリンクを抽出できます。

フィルターは食器洗浄機でも洗うことが可能なため、より手軽にペーパーレスでのコーヒードリップを楽しむことができます。

クイジナート コーヒー&ホットドリンクメーカー ブラック SS-6BKJ

Amazon楽天市場

ペーパーレスコーヒードリッパーで経済的で美味しいコーヒーを

美味しいコーヒーを自宅でも飲みたいとなった際、コーヒードリッパー選びは重要なものとなってきます。
濃厚で美味しいコーヒーが飲みたい紙を使わず経済的で環境にも配慮したい、という方は是非ペーパーレスコーヒードリッパーの購入を検討してみてください。
紙フィルターのコーヒードリップとは違った、また新しいコーヒーライフを楽しめると思います。