アウトドアにおすすめのパーコレーターとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドアコーヒーを楽しむ一つに、パーコレーターでコーヒーを淹れるという方法があります。コーヒーとお湯をセットしたら、あとは直火にかけてできあがるのを待つだけという手軽さが人気。パーコレーターを選ぶ際のポイントやおすすめの商品を紹介していきます。美味しい淹れ方もマスターしてパーコレーターを使いこなしましょう。

アウトドアで求められるパーコレーターの性能

出典 : kaboompics.com

家庭用としても使えるパーコレーター。自宅ではデザイン重視で選ぶことも多いかもしれませんが、アウトドア用となると、デザインよりも機能性重視になってきます。頑丈で壊れにくい、軽いのも重要なポイントですね。

中のストレーナという部分を取り出しケトルとしても使えるので、お湯を沸かしてスープを作ったり、インスタントラーメンなども作れます。

コーヒーと水をセットして直火にかけるだけのパーコレータですが、そもそもどんな仕組みになっているのでしょうか。

パーコレーターとは

出典 : www.pexels.com

パーコレーターとはコーヒーを抽出する器具のこと。1827年にフランスで考案され、西部開拓時代のアメリカで普及しました。キャンプ用品売り場などでも購入することができます。

パーコレータの仕組み

出典 : www.amazon.co.jp

パーコレーターは、水を入れる部分の「ケトル」、コーヒーを入れる部分の「バスケット」、バスケットの蓋の3つに分かれており、中心のお湯を汲み上げるポンプ部分とで構成されています。

直火で温められたお湯が沸点近くに達すると、中心にあるパイプを通って上昇しコーヒー豆に降り注がれ循環しながら抽出されていきます。

ケトルの蓋に付いている透明なノブの部分で、コーヒーの抽出具合を確認していきます。

パーコレーターのメリット・デメリット

メリット

・直火にかけるだけなので簡単。
・透明ノブから見える、抽出されていくコーヒーの工程を楽しめる。
・自分好みのコーヒーを淹れられる。
・一度に数人分のコーヒーが淹れられる。

デメリット

・内部で何度もお湯とコーヒー液が循環され、常に加熱され続けているので、
コーヒーが濃くなって、煮詰まったような味がする。香りも飛びやすい。
・粉がコーヒーに混じる。
・湯量が多すぎると上手く循環しない。
 

パーコレーターで美味しいコーヒーを淹れる方法

出典 : www.pexels.com

上記で述べたようなデメリットは、淹れ方によって生じるデメリットです。

パーコレーターで美味しくコーヒーを淹れるにはコツがあり、初めは苦く煮詰まったようなコーヒーになるかもしれませんが、何度か淹れていく内にコツがわかり、自分好みの美味しいコーヒーを淹れることができるようになっていきます。

コーヒーを美味しく淹れる

①ケトルにお湯を入れて沸かす

出典 : www.amazon.co.jp

本体からバスケットの部分を取り出し、杯数分お湯を入れて沸かします。

【ポイント】
・お湯は多すぎると、上手く循環せずに吹きこぼれてしまいます。
コーヒー粉を入れる部分よりも低めに入れてください。

②バスケットにコーヒーを淹れて本体にセットする

出典 : www.amazon.co.jp

お湯を沸かしている間に、バスケットにコーヒーの粉を入れます。平らにしたら蓋をします。
お湯が沸騰したら一旦火から下し、バスケットを本体にセットしてすぐ蓋をします。(火傷に気を付けて)

【ポイント】
・バスケットの目が粗いので、コーヒーは粗挽きか中挽きを使用します。
・粉の量は杯数分入れますが、バスケットの半分くらいまでが美味しくなる目安です。
・必ず沸騰したお湯にコーヒーをセットすること。

③弱火で2~3分火にかける

出典 : www.amazon.co.jp

コーヒーをセットしたら再び火にかけ、弱火のまま2~3分加熱します。
透明ノブから見えるお湯が、透明からコーヒーブラウンに変わったらできあがりです。

【ポイント】
・コーヒーを美味しく淹れるポイントは湯温です。95度以上の高熱に長時間さらされ続けると、
煮詰まったような苦い味になり香りも飛びます。必ず弱火で加熱してください。
・抽出時間は2~3分が目安、火にかけっぱなしにしておくと煮詰まるので、すぐに火から下して
ください。

 

④できたら粉が沈殿するのを待ってから注ぐ

出典 : www.amazon.co.jp

コーヒーができたらすぐ火から下します。そのまますぐ注ぐと粉が混じることがあるので、少し待ってからゆっくりとカップに注ぎます。

カップに注がれてからも、一呼吸置いてから飲むといいでしょう。

アウトドアにおすすめのパーコレーター

出典 : www.pexels.com

知っておきたい容量とカップ数の違い、素材や機能面なども選ぶポイントになってきます。

選ぶポイント

軽くて丈夫なステンレス製がおすすめ

アウトドアで使用するものは、軽くて丈夫なものが一番のポイントです。
ステンレス製は軽くて丈夫、手入れも簡単でデザイン面でも優れています。

ホーロータイプもありますが、どちらかというとデザイン面がかわいく家庭用向きな雰囲気が。
アウトドア用で選ぶならステンレス製がおすすめです。

取っ手の部分に熱が伝わらない

火傷を防ぐため、取っ手の部分は木を使用しているものがおすすめです。

容量やカップ数は目的に合ったものを選ぶ

表記に「容量:約〇〇〇ml(コーヒー〇カップ分)」と書いてありますが、
メーカーによって多少違いがあるものの、1カップあたり約160mlで計算されています。
容量とは満水量のことで、ヤカン代わりにお湯を沸かすときの目安です。

ステンレス製の場合、一般的に3~6カップとあり容量もさまざまです。
コーヒーを何杯分沸かすのかを考えて、1人か2人なら3カップ、大勢で行くなら6カップと自分のスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

6カップ用では、3カップからしかコーヒーが沸かせないものもあるので注意が必要です。

目盛りがあると便利

目盛りがあると、計量カップがいらないので便利です。
鍋で煮込み料理などするときも、計量カップの代わりになります。

おすすめパーコレーター

Chinook(チヌーク) ティンバーライン ステンレスコーヒーパーコレーター 3カップ

Chinook(チヌーク) ティンバーライン ステンレスコーヒーパーコレーター 3カップ 41110

Amazon楽天市場

素材を継ぎ目なく仕上げた丈夫な作りは、まさにアウトドアのことを考えた製品。取っ手部分は木が使用され熱くならず、目盛りがあるのも特徴。キャンプ用品ならではの、持ち運びしやすい収納サックが付属でついてくるのも魅力の一つです。

コールマン ステンレスパーコレーター3

コールマン ステンレスパーコレーター3 170-8028

Amazon楽天市場

本体とコーヒーを入れるストレーナ部分も全てステンレス素材なので丈夫です。持ち手は木製で安心。高級感のあるデザインはご家庭で使うのにもおすすめです。

キャプテンスタッグ コーヒー ポット 18-8ステンレス製パーコレーター 3カップ

キャプテンスタッグ コーヒー ポット 18-8ステンレス製パーコレーター 3カップM-1225

Amazon楽天市場

目盛りが付いて計量も簡単。ケトルとして使うのにもお洒落です。
3カップの目盛りでマグカップ約2杯半のコーヒーができます。

自分好みの味が作れるまで試行錯誤してみよう

出典 : www.pexels.com

自分の納得のいくコーヒーができるまでには、多少時間がかかるかもしれませんが、試行錯誤しながら研究するのもアウトドアの醍醐味です。

抽出時間はメーカーや量、好みにもよりますが2~3分が目安です。遅くてもせいぜい4分までには火から下ろすようにしてください。

抽出されていくコーヒーのコポコポという音や、透明ノブに噴出されて行く色の変化などを楽しみながら視覚・聴覚・嗅覚・味覚でコーヒーを味わえるのが魅力です。パーコレーターで雰囲気を楽んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*