スターバックスの缶コーヒー「スターバックス® ブラックコーヒーショット」を買って、飲んでみた

スターバックスの缶コーヒー「スターバックス® ブラックコーヒーショット」を買って、飲んでみた

前に記事にしたスターバックスの缶コーヒー「スターバックス® ブラックコーヒーショット」を実際にアマゾンで購入してみました。パッケージから味まで紹介していきたいと思います。

アマゾン限定発売されている「スターバックス® ブラックコーヒーショット」

2021年5月から発売されているスターバックスの缶コーヒー「スターバックス® ブラックコーヒーショット」です。製品の特長は別記事で紹介していますので、ご確認ください。

さて、買ってみました!

まず、見た目!

アマゾンから送られてきました。カッコイイパッケージを期待していました!が!以下の写真。

輸送のためにテープ貼られてましたー。結構残念。輸送の時にこぼれないようにテープを貼っているんだと思いますが、スターバックスらしさがなんか半減

これは缶コーヒーを撒いている紙の設計でもう少し側面まで撒いてもらっていればよかったのになーと思ってなりません。

ただ缶側はやっぱりおしゃれ。これ地味にスタバのロゴの部分とその周りのところで質感が違うんですよ。缶コーヒーなのにこんなに缶をおしゃれにしていいんだろうか!すてき!

裏面はこんな感じ

味はどう?

元々の触れ込みでは「スターバックスならではの深みのあるコーヒー」を紹介されていましたが、さてどんな感じだろうということで飲んでみました。

そして感想は、「んー深みのあるコーヒーとは?!」となりました。

日常的に缶コーヒーを飲まない私なので缶コーヒーの中では深みがあるのかもしれないですが、結構水っぽさを感じました。一口飲んで、初めに水を感じ、そのあとから缶コーヒーならではのコーヒーの味。甘味料というか、ふつうのコーヒーではない味がして、最後に後味となりました。

缶コーヒーのコーヒー味ってわかりますかね?苦いとか酸味とかではない味がする感じです。ミルクをいれるといい感じかもしれませんが、やっぱり冷えてるコーヒーっているのは、なじみがないですね。

やっぱり缶コーヒーは屋外でホッカイロとして使用するに限りますね(笑)

ただこの缶コーヒーを飲んで思ったのは、後味はクリアというか、悪くないなーと思いました。缶コーヒーで嫌なところは変な後味が残る感じでした。今回飲んだ「 スターバックス® ブラックコーヒーショット 」はすぐ水が飲みたくなるような嫌な後味はありませんでした。これはすごいなーと思いました。

最後に

今回「 スターバックス® ブラックコーヒーショット 」を買って飲んでみましたが、普段家で缶コーヒーを飲むシチュエーションがないので新鮮でした(笑)やっぱり缶コーヒーは野外で飲むものだなーと改めて思いました。

それもあってなぜスタバさんがこの缶コーヒーを発売しているのかなぞが深まりました。サードプレイスでもないし、コーヒーもおいしくないし、何のために!という気持ちになってしまいました。

みなさんも体験していみてください!

スターバックス ブラックコーヒーショット 165g ×30本