コーヒーやカフェの経営が学べるカフェ専門学校のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、コーヒーやカフェのことを体系的に学べる、専門学校が増えています。今回はその専門学校を紹介していきたいと思います

カフェの専門学校が増えてきている

10年前はカフェの経営やコーヒーについて体系的に学べる場所は限られていましたが、
今では複数のカフェの専門学校があります。

関東近郊でも、10件以上選択肢があり、各学校でコーヒーの基礎だけではなく
カフェ経営必要なレシピ開発のテクニックや、経営のノウハウを学ぶことができます。

カフェの開業には、基本的に資格等は必要ないため、
このような専門学校をでてから、大手のカフェチェーンやロースターを経験し、
独立する方は増えていると思います。

関東 バリスタ 専門学校 | バリスタを目指す学校の一覧はこちら | ベスト進学ネット
https://www.best-shingaku.net/search/gk1bx66by6603b100215k8_9_10_11_12_13_14_15.html
関東にある「バリスタ」の専門学校の一覧です。「バリスタ」になるには?各学校の詳細情報、学科コースの情報、学費、奨学金、寮、卒業後の進路、注目のカリキュラム、地図など多彩な情報が掲載されています。
関東近郊で、「バリスタ」について学ぶことができる学校は13校ヒットしました。全国的にカフェについて学ぶことができる学校が増えていると思います。

パン屋でも、イタリアンでも、コーヒーの知識は必要

コーヒーの業界での最近の流行は、他業種の方がコーヒーについて学ぶことが多くなったことです。
たとえば、パンやスイーツのパティシエが自分のお店で提供するコーヒーの質を高めたいという要望が非常に増えています。

これまでは大手のコーヒーロースターのコーヒーを使用していれば問題ないという感覚が
一般的でしたが、消費者の舌が肥えてきていることを背景に、
もっとオリジナリティーのあるコーヒーを提供したいという方が増えています。

これは非常にいい傾向だと思います!

いきなりカフェに就職するものありだけど、

職人を目指すか?経営者を目指すか?

これからカフェについて勉強したいと思っている方に対して伝えたいことは、

バリスタという「職人」になりたいのか、カフェの「経営者」になりたいのかです。

バリスタという職業はコーヒーをどこまでもおいしくすることにこだわりを持ち、
それをどこまでも追及していく人たちのことだと思います。
ただ時に、ビジネス上儲からないと思っていても、おいしさのために薄利にしなければならなかったり、常に勉強が必要になります。

一方、経営者はビジネス上、コーヒーをどのように高付加価値の製品にし、
お客様に満足してもらうかを考える職業だと思います。

全体感を持ちながら、仕事をすることは、非常に有益

個人的なお勧めになりますが、まず専門学校(できれば大学の経営とかもいいかも)に行くことをお勧めします。

理由は2つ。
1つはいろんな知識、経験を広く、効率的に勉強できる専門学校は、若いうちはいいと思うからです。
もう一点は、仮にバリスタという「職人」を目指すにしても経営者的な観点があったほうが良いと思うからです。

「専門学校では広く知識を習得できる」と言いましたが、
貪欲になれば広くそして深い知識を得ることができると思います。

自分に限界を作らず、積極的に知識を得ることでもっとコーヒーについて勉強していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*