メリタの全自動コーヒーメーカーの評判をまとめてみたら、めっちゃ良さそうだった件

メリタの全自動コーヒーメーカーの評判をまとめてみたら、めっちゃ良さそうだった件

メリタから2021年4月に新しいミル付き全自動コーヒーメーカー「アロマフレッシュ」が発売されました。これまで発売されていた「アロマフレッシュサーモ」と比べるとサイズがコンパクトになり、より家庭用に特化したコーヒーメーカーのようです。今回はアロマフレッシュの評判をまとめてみました。絶対おすすめできるミル付きのコーヒーメーカーですよ。 

先に発売されていた大容量モデル「アロマフレッシュサーモ」

2020年6月に全自動コーヒーメーカー「アロマフレッシュサーモ」が発売されました。この製品はメリタ初のミル付きの全自動コーヒーメーカーで、すべてがハイクオリティのコーヒーメーカーです。この一年間で多くのレビューサイトで検証実験が行われ、その中でも多くのケースでいい評価を得ています。 

メリタと言えば、コーヒー専業メーカーとして不動の位置にいますが、そんなメーカーが本気で作ったミル付きのコーヒーメーカーですね。ミルはコニカル式で、挽き目もきれい。抽出部はメリタお得意の一つ穴フィルターでハイクオリティのコーヒーを淹れてくれます。またホッパーにコーヒー豆を格納できる点や、蒸気の抜け口がホッパーに当たらない設計になっている点も玄人好み感がします。他のミル付き全自動コーヒーメーカーと比べても使いやすさや、コーヒーのクオリティーという観点では一つ頭抜けている印象があります。 

 各種メディアでの評価

テレビ「サタデープラス」

バリスタチャンピオンがコーヒーメーカーを一つ一つ評価してランキングを出していました。アロマフレッシュサーモは堂々の第5位。

『知る人ぞ知るドイツのコーヒー機器メーカー「メリタ」の1台は、豆からも粉からも作れるタイプ。業務用のコニカル式グラインダーで豆を粉砕し、粉の挽き具合は3段階で調整可能。粉にお湯がふれる面積が広いため、豆の風味を活かしたコーヒーを淹れることができる。操作性と機能性で高得点をマークした。』

https://www.mbs.jp/mbs-column/chokotto-plus/archive/2021/01/18/022004.shtml 

価格ドットコム

しっかり検証されていました。挽き目の写真もありきれいな挽き目が確認できますね。魔法瓶タイプのミル付き全自動コーヒーメーカーはあまりなので、その部分でも評価できますね。

https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=15574 

アマゾンレビュー

2021年6月現在142件のレビューで、評価は4.0。アマゾンのレビューの内容を見ていくと、PanasonicのモデルやSirocaからの切り替えの方からの評価は高く、“生活のレベルが高まったと言われている一方、コーヒー豆のうまく挽かれないことが多発しているケースの場合はコーヒーが薄くでるようで、”最悪“と言われていますね。またポットについても最後まで注ぎにくいといった評価を受けています。

https://www.amazon.co.jp/dp/B087CFKJ2K/?coliid=I1IES2OL1XH4X3&colid=135VJMB8TPWD5&ref_=lv_ov_lig_dp_it&th=1

「アロマフレッシュ」の実力

アロマフレッシュ発売延期された?

さて、実際にコンパクトサイズのアロマフレッシュについてまとめたいと思いますが、実はアロマフレッシュは一度販売延期になったことをご存知でしょうか。元々は2010年10月に発売予定でしたが、やんごとなき事情で延期になったそうです。その理由を見ていくと、以下の通りでした。

『弊社は製品出荷開始前に生産工場と日本国内でそれぞれ、複数の検査を実施しており ます。 検査では、製品が設計通りの仕様・品質となっているかという点に加え、製品を抜 き取ってコーヒーを抽出するテストも行い、その抽出物が幣社基準に合致していることも 確認項目に含まれております。この度、国内にて最終抽出テストを実施した1 台から、抽 出したコーヒーの品質が社内基準を満たさない事象が発見され、その後検査数を増やし検 証を続けたところ、同様の製品が一定数発見されました。 コーヒー機器専業メーカーとして確かな品質を消費者の皆様にお届けする責務があり、 このまま当該製品を発売すればお客様のご期待に沿えない事態となる恐れがあると考えて おります。』

https://www.melitta.co.jp/pdf/press1007.pdf


逆に信頼感とか安心感が増えますよね。再調整が行われたアロマフレッシュが発売されたということです。 

アロマフレッシュサーモとの違いは?

そんなアロマフレッシュですが、すでに発売されていたアロマフレッシュサーモとの違いですが、サイズやポットの種類以外はほぼ同じようです。表を作成しましたが、サイズがコンパクトになっている以外のコーヒーの部分は同じで、より日本向けに設計されたという印象です。

製品名アロマフレッシュアロマフレッシュサーモ
型番AFG621AFT1021
ポットの種類ガラス魔法瓶ステンレスポット
製品サイズ235㎜× 205㎜×400㎜263㎜×237㎜×441㎜
容量750ml(6杯用)1250ml(10杯用)
電気仕様100V/850W100V/850W

製品のイメージ動画です。こんなアイランドキッチンはないですが、コンパクト感ありますね。

最後に

最近話題のメリタのミル付きコーヒーメーカー「アロマフレッシュ」の評価をまとめてみました。個人的にはステンレス魔法瓶タイプのアロマフレッシュサーモがいいかなーと思いますが、コンパクトを求めている方、今のコーヒーメーカーの味に満足できない方には「アロマフレッシュ」いいと思います!