【どっちがお得?】ミル付き全自動コーヒーメーカー vs ミルとコーヒーメーカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近流行りの全自動ミル付きコーミーメーカー。買おうと思って検索してみると、案外単体のミルとコーヒーメーカーを買ったほうが安かったりします。
そんな時に実際それぞれどんないいことがあるのか、デメリットはなんなのかを比較をして、どんな人にはどっちがいいのか徹底検証していきます。

最近流行りの全自動ミル付きコーミーメーカー。買おうと思って検索してみると、案外単体のミルとコーヒーメーカーを買ったほうが安かったりします。
そんな時に実際それぞれどんないいことがあるのか、デメリットはなんなのかを比較をして、どんな人にはどっちがいいのか徹底検証していきます。

全自動ミル付コーヒーメーカーのおすすめポイント

出典 : shamsu.fc2web.com

簡単に挽きたてのコーヒーが淹れれる

最大のメリットは、コーヒーと水をセットしただけで、マシンが勝手に挽いてくれ、コーヒーを淹れてくれる、手軽さです。ボタンを押しただけで、5分くらいで挽きたてのコーヒーが飲めるというのは、非常にメリットです。

簡単に淹れれるため、週替わりでコーヒーを変えたりして、もっとコーヒーを味わうことができますし、挽きたてのコーヒーの香りは格別です。
またお手入れも簡単で、製品にもよりますが私がおすすめしている製品では、抽出部分とグラスポット部分さえ洗えばいいだけです。

スペースの有効活用

簡単にコーヒーを淹れれるにもかかわらず、スペースはこれまでのコーヒーメーカーとそこまで変わらないこともメリットになると思います。

全自動ミル付が最高というわけでない3つのポイント

味の調整の幅が狭すぎる

ただそんないいことづくめのミル付きですが、弱点もあります。一点目は、コーヒーの味の調整ができない点です。
別で説明していますが、お湯の温度やコーヒーの量、挽き目は味に大きな影響を与えます。そしてコーヒーはそれぞれ適切な温度や挽き目が違うため、それぞれのコーヒーに合わせて設定する必要があります。

最近では粗挽き、細挽きが選択できるコーヒーメーカーも増えていますが、お湯の温度は基本的に一定なので、あまり意味がありません。特に最近流行の酸味の利いたコーヒーの場合は、高い温度で抽出してしまうと特長の酸味がうまく表現できないことがいいので、もったいないと感じケースが少なくはないです。

挽きたてコーヒーの香りを楽しむことができない

さらにもったいないと感じる点は、挽いたコーヒーの香りを感じることができない点です。
コーヒーを挽いていて思うことは、挽いたコーヒーの香りが一番いいということです。その香りは飲んだ時に感じる香りとは全く違います。
挽いたときの香りのほうが私は好きです。香りの量が多いことは間違いないですが、香りの質も全く違います。挽いたコーヒーの香りを嗅ぐとコーヒーを飲むときよりもリフレッシュできる気がします。
そんな香りを楽しむことができないのはもったいなさすぎます。

壊れやすい

機械的にも壊れやすいというのがもう一つのネックです。よく挽いたコーヒーがルートに詰まってコーヒーが出ないという故障が起きます。
コーヒーは思った以上に油が多く、長年使用しているとミルやそのルートに油が着きます。
この油は故障の原因になるだけではなく、味わいや香りにも悪影響を与えます。定期的に掃除することをお勧めしますが、そこまで推奨しているメーカーはあまりありません。
コーヒーの専業メーカーからはまだミル付きコーヒーメーカーが発売されてないためかもしれません。

ミル単体のおすすめポイント

出典 : hapicafe.seesaa.net

挽きたての香りを楽しむことができる

次にミルを単体で使用することのメリットを挙げます。ミル付きのデメリットの逆になりますが、一番のメリットは挽きたての香りを感じることができる点です。

挽きたての香りは本当に格別で、コーヒー好きの人にアンケートを取ると飲んでいるときよりも挽いている、淹れているときのほうが満足度が高いという結果が出るほどです。

すべての人に感じていただきたい香りです。

コーヒーをもっと好きになる

出典 : nagaoka.mypl.net

香りの有無だけでなく、細かく調整できることも魅力の一つです。挽き目を調整するだけでこんなに味が変わるのかと驚くと思います。
しかしそれによってもっとコーヒーが楽しくなると思いますし、好きになると思います。

ミル単体のデメリット

とにかく、めんどくさい

ミルのデメリットは、めんどくさい点です。楽しみは増えますが、工数が増えます。また工数が増えるだけでなく、慣れないうちはコーヒー豆が飛び散ったりして、コーヒーまみれになってしまうこともざらです。
そして調整できることで、コーヒーを作る難易度も高まります。難易度と面白さは表裏一体な部分がありますので、致し方ないかもしれませんが
コーヒーにそこまで求めていない方からすると、わずらわしいと感じると思います。

こんな人はこっちがおすすめ

全自動ミル付きコーヒーメーカー:毎日5杯以上コーヒーを飲む、ほったらかしでコーヒーを淹れたいけど挽きたてコーヒーが好き

これまでのことを総合すると、挽きたてのコーヒーが飲みたい。淹れるとことはお任せしたいという人はミル付きコーヒーメーカーがおすすめ。
仕事しながら挽きたてのコーヒーを飲む、夫婦のだんらんを一緒においしいコーヒーを飲む、いいですね!

全自動コーヒーメーカーの選ぶポイントと、注目のコーヒーメーカー

いま一番、脚光をあびているのはミル付きの全自動コーヒーメーカーです。全自動タイプのいいところは、手間は全くなく、簡単に挽きたてのコーヒーを淹れることです。です…

ミル単体:淹れる時間もコーヒーを楽しみたい。もっと自分好みのコーヒーを探求したい。

逆に淹れる時間も楽しみたい、もっとコーヒーを好きになりたいという方はミルを単体で購入することをお勧めます。
コーヒーを淹れるときに出る香りは飲むときの満足度より高いことは私も感じます。
コーヒーを淹れながら、淹れる時間を友人と一緒に語らいながら過ごすのは、ある種人生のゴールのような感覚にもあります。
ぜひ淹れる時間も楽しんでいただきたいです。

電動ミルの選ぶポイントを徹底解説。おすすめのカリタ、メリタ、ハ…

様々な種類が存在する電動ミル。今回はその中でも大手といわれるカリタ、メリタ、ハリオを中心に、選ぶ時のポイントを紹介していきます。

手挽きタイプもおすすめですよ

コーヒー好きなら知っておきたい!手挽きコーヒーミルの特徴・価格…

「自ら手挽きした挽き立てのコーヒーを楽しみたい」コーヒー好きなら誰しも一度はそう考えたことがあるのではないでしょうか?ここでは、手挽きコーヒーミルに興味がある人…

最後に

個人的にはミルとハンドドリップを推しています。
理由はあまりがぶがぶコーヒーを飲むタイプではなく、一杯のコーヒーをいろいろ考えながら淹れる時間も楽しみたいと思っているからです。
ただ仕事中にがぶがぶ飲みたいときは、全自動もいいかなと思っています。
みなさんも自分にとっていい方を選んで、コーヒーを楽しんでくださいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*