家庭でも作れる!コーヒーを使ったカクテル10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーを使ったカクテルを飲んだことがあるでしょうか?
実はコーヒーとお酒は相性が良く、ウイスキーやバーボンを合わせると手軽に美味しいカクテルが出来るのです。
それ以外にも相性の良いお酒は多くあり、更に最近ではコーヒーとお酒の相乗効果として、ダイエットなどにも効果があると言われています。
今回はコーヒーもお酒も好き!という方におすすめの、家庭でも作れるコーヒーを使ったカクテルをご紹介します。

コーヒーカクテルの魅力

コーヒーとお酒を混ぜた飲み物、「コーヒーカクテル」。コーヒーカクテルはアイスでもホットでも楽しむことができ、四季を問わず一年中楽しめるカクテルとなっています。

そんなコーヒーカクテルの魅力は、どんなところにあるのでしょうか?
ここでは、コーヒーカクテルの特徴を紹介していきます。

バリエーション豊富で多くの組み合わせが楽しめる

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

コーヒーカクテルには、ウイスキーやブランデーを合わせるレシピが多いですが、そのほかにもリキュールやワイン、果実酒など、色々なお酒を合わせたバリエーション豊かなレシピがあります。
その種類は100種類以上といわれており、甘く飲みやすいものから、コーヒーの苦みを引き出したものまで様々です。さらに、アイスやホットの違いなどでも味わい方が変わってきます。

また、お酒の側だけではなく、コーヒーの豆の種類、挽き方、淹れ方などでも味が変わるため、無限大の組み合わせがあると言っても過言ではありません。

健康効果やリラックス効果もある

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

コーヒーに含まれている成分で有名なのはカフェインですが、実はポリフェノールも含まれていることはご存知でしょうか?赤ワインに含まれる量と匹敵するといわれるくらい、コーヒーにはポリフェノールが多く含まれています。
そのポリフェノールには肝機能を活性化させる効果があると言われており、お酒の摂取によって肝機能が弱くなったところを補うことができるのです。

また、コーヒーにもお酒にもリラックス効果があると言われているので、日々の疲れを癒すにも、コーヒーとお酒を合わせたカクテルはぴったりと言えます。
 

コーヒーを使ったカクテルおすすめ10選

それでは、コーヒーを使ったカクテルには実際にどのようなものがあるのでしょうか。ここでは合わせるお酒の種類に分けて、コーヒーを使ったおすすめのカクテルを厳選して紹介していきます。

ウイスキー系のカクテル

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

ウイスキーは蒸留酒の一種で、発酵した大麦やトウモロコシなどの穀物を蒸留して作るお酒です。一般的には琥珀色をしており、その著名性と「命の水」を語源とする名前に相応しい風味から、世界中で多くの人に親しまれています。
アルコール度数が最低でも37%以上と高いため、ロックや水割りで飲む以外にもカクテルの材料としてもポピュラーなお酒です。
ウイスキーを合わせるコーヒーカクテルは、その風味を引き出した濃いめのものが多いため、食後の落ち着いた時間にゆっくりと飲むことが多いです。

アイリッシュ・コーヒー

出典 : upload.wikimedia.org

アイリッシュコーヒーは、ホットコーヒーにウイスキーを加え、さらに砂糖と生クリームを加えたカクテルです。砂糖の甘さと生クリームのまろやかさが加えられたことで、ウイスキーの風味が豊かながらも飲みやすいカクテルとなっています。

・材料
ホットコーヒー 150㏄
アイリッシュウイスキー 20cc
角砂糖あるいはブラウンシュガー 2、3個
生クリーム 少々

・作り方
1.グラスを温めて、角砂糖を入れます
2.コーヒーとウイスキーを注いで軽く混ぜます
3.生クリームをのせてできあがり

カフェ・コレット

出典 : www.suntory.co.jp

アイリッシュウイスキーではなく、バーボンウイスキーを使ったカクテル。バーボンウイスキーのカラメルのような甘さがコーヒーの苦みが調和した香りの良いコーヒーカクテルです。

・材料
ホットコーヒー 150㏄
バーボンウイスキー 30㏄
クリームリキュール 30㏄
ヘーゼルナッツシロップ 少々
生クリーム 少々

・作り方
1.温めたグラスにバーボンウイスキーとクリームリキュールを注ぎます
2.ヘーゼルナッツシロップとコーヒーを注いで軽く混ぜます
3.生クリームをのせてできあがり
 

カイザー・メランジュ・コーヒー

出典 : www.rakuten.ne.jp

カイザー・メランジュ・コーヒーは、オーストラリアの皇帝(カイザー)が好んだレシピに、ウイスキーを加えて作ったカクテルです。牛乳と卵黄を混ぜたエッグノッグを彷彿とさせるカクテルで、眠れない夜のお供にぴったりです。

・材料
ホットコーヒー(濃いめ) 100㏄
お好みのウイスキー 10~20cc
牛乳 50㏄
砂糖 10g
卵黄 1個

・作り方
1.コーヒー、牛乳、砂糖、卵黄を鍋に入れ、弱火にかけながらホイッパーで混ぜます
2.沸騰前で止めて、ウイスキーを入れたカップに注げばできあがり

ブランデー系のカクテル

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

ブランデーは、主にブドウを原料として作られたワインから作られた蒸留酒です。ワインを蒸留して樽にいれ、5~25年の熟成期間を経て製造されます。ブドウだけではなく、リンゴや洋ナシから作られるものも存在します。
度数は40度以上と高く、少量ずつストレートで飲む飲み方が一般的ですが、カクテルの材料として使われることもあります。

マザグラン

出典 : www.nespresso.com

マザグランはレモンの香りが爽快なアイスコーヒーカクテルです。さっぱりとした味わいは特に暑い夏にぴったりです。濃厚なものよりもすっきりとしたカクテルを味わいたい人におすすめです。

・材料
アイスコーヒー 適量
ブランデー 30㏄
ガムシロップ 適量
レモンスライス 1枚
氷 適量

・作り方
1.グラスに氷とブランデーを入れます
2.アイスコーヒーとガムシロップを入れて軽くかき混ぜます
3.レモンスライスを浮かべてできあがり

カフェ・グロリア

出典 : www.agf.jp

マザグランはレモンを使ったカクテルでしたが、カフェ・グロリアはオレンジを使ったホットコーヒーカクテルです。柑橘系の香りと入れたオレンジがおしゃれで、来客用にもおすすめです。火を使う場面があるため、火の扱いには十分に注意してください。

・材料
ホットコーヒー 100㏄
ブランデー 20㏄
角砂糖 1個
オレンジの皮 少々

・作り方
1.温めておいたカップに角砂糖とオレンジの皮を入れ、ブランデーを注ぎます
2.ブランデーに火をつけ、炎が消えたらコーヒーを注いでできあがり

ショコアテペック

出典 : contents.ucc.co.jp

ショコアテペックはチョコレートを入れた甘いスイーツ風カクテルです。見た目もおしゃれなため、女性にぴったり。食後のデザートや午後のくつろぎの時間に楽しむのがおすすめです。

・材料
コーヒー 150㏄
ブランデー 20㏄
ホイップクリーム 20㏄
削ったチョコレート 少々
プレッツェル 少々

・作り方
1.カップにコーヒーとブランデーを注ぎます
2.ホイップクリームを浮かべて、チョコレートとプレッツェルを飾ればできあがり

その他のお酒を使ったコーヒーカクテル

ウイスキーやブランデー以外にもコーヒーと合わせると美味しいお酒は色々存在します。ここでは、ウイスキーやブランデー以外のお酒を使ったコーヒーカクテルを紹介します。

コーヒー・グロッグ

出典 : www.doicoffee.com

コーヒー・グロッグに使われるお酒はラム酒です。バターコーヒーにラム酒を加えたコーヒー・グロッグは、ラム酒の豊かな香りと、バターコーヒーのまろやかさが絶妙なカクテルです。

・材料
ホットコーヒー 150㏄
ラム酒 20㏄
角砂糖 1個
バター 10g

・作り方
1.グラスにラム酒と角砂糖を入れます
2.コーヒーを注いで、バターを浮かべればできあがり

 

サロン・アインシュペンナー

出典 : www.agf.jp

サロン・アインシュペンナーはウォッカを使ったカクテルです。表面に浮かべたココアの風味が特徴的で、オーストリアではコンサートの合間などに気軽に飲まれています。
名前には「一頭立ての馬車」という意味があり、馬車の御者が好んだことからこの名前がつけられた、と言われています。

・材料
コーヒー 100㏄
ウォッカ 20㏄
グラニュー糖 20g
ホイップクリーム 適量
ココアパウダー 少々

・作り方
1.温めたカップにウォッカ、グラニュー糖、コーヒーをいれてよくかき混ぜます
2.ホイップクリームを浮かべて、ココアパウダーを振りかければできあがり

ポンチェ・デ・カフェ・コン・レーチェ

出典 : www.agf.jp

ポンチェ・デ・カフェ・コン・レーチェに使われるお酒はシェリー酒です。このカクテルからお酒を抜いた、カフェ・コン・レーチェはスペイン風カフェラテで、スペインなど多くのラテンアメリカ諸国で日常的に飲まれています。

・材料
コーヒー 100㏄
牛乳(ホット) 70㏄
シェリー酒 10㏄
ホイップクリーム 20㏄
くるみのみじん切り 1個分

・作り方
1.カップにコーヒー、牛乳を入れます
2.シェリー酒を加えて上にホイップクリームを浮かべます
3.くるみのみじん切りを散らしたらできあがり

ローヤル・コーヒー・パンチ

出典 : www.agf.jp

ローヤル・コーヒー・パンチに使われるお酒はシャンパンと少量のブランデーです。シャンパンの炭酸とコーヒーの風味が面白い味わいを生み出します。お祝い事などの席におすすめのカクテルです。

・材料
アイスコーヒー(加糖) 100㏄
シャンパン 100㏄
ブランデー 15㏄
キューブドアイス 3~4個

・作り方
1.グラスにキューブドアイスを入れ、コーヒーとブランデーを注ぎます
2.よく混ぜた後、キューブドアイスを取り出します
3.よく冷えたシャンパンを注いでできあがり
 

家庭でも気軽にコーヒーカクテルを

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

いかがだったでしょうか?コーヒーを使ったカクテルにはシェイカーや特別な道具を使わなくても、家庭で気軽に作れるものが多くあります。
柑橘系の果実を加えたり、チョコレートやココアをのせたりした飲みやすいカクテルもあるため、コーヒーもお酒も好き!という方は、是非ご家庭でコーヒーカクテル作りに挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*