コーヒーメディアが選んだ、キャンプ・アウトドアで使いたいコーヒードドリッパー8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプ・アウトドアで飲むコーヒーはいつも飲むものとはまだ格別に違いますよね。アウトドアでコーヒーを淹れるときにはそれ専用のドリッパーをお勧めします。今回はキャンプ・アウトドア用のドリッパーを紹介します。

キャンプ・アウトドア用ドリッパーのおすすめの選び方

①かさばらない

持っていくときに”かさばらない”ものを選ぶようにしましょう。
インドアとアウトドアの大きな違いは道具や水を現場までもっていく必要がある点です。
通常のドリッパーやケトル、サーバーも持っていくとそれだけで荷物がパンパンになってしまいます。

また、コーヒーを淹れるためには、「ガスバーナー」や「手動ミル」が必要になってくるため、できる限りかさばらない、スペースを取らないドリッパーをお勧めします。

②簡単に淹れることができる

2番目に重要なことは”簡単に淹れることができる”ことです。

先ほども述べた通り、アウトドアでは通常準備できそうなものが準備できません。
測りや温度計もそうです。

お湯もその場で沸かして使用するため、通常このくらいでやっているということがうまくいかないケースがあります。
もし量が違ったりすると、コーヒーの味が美味しくなくなってしまいます。
せっかくアウトドアでいい気持ちなのに、コーヒーが美味しくなければ気分も下がってしまいますよね。

なので、煩わしい計量や調整が必要ないドリッパーを持っていくことをお勧めします。

片付けが簡単

最後に、片付けが簡単なドリッパーを選んでください。

アウトドアの場合、水場が近くあるとは限りませんので、家に帰って洗うことが必要になる可能性があります。しかしその手間はなるべく避けたほうがいいですよね。

なので、片付けも簡単なドリッパーを選びましょう。

ドリッパーと一緒に持っていきたいアウトドア用コーヒーセット

水も熱源もない状況を想定して場合、以下の道具が必要になります。一つでもかけてしまうとコーヒーが飲めなくなってしまいますのでご注意ください!
実際、書いてみると結構な量になるので、なるべくかさばらないものを選びましょう。
 

  • 水 2L 
    • 多めに持って行ったほうがいいです。2杯分で250mL使用します
  • コーヒー
    • 2杯分で16g、豆か粉でどちらの状態で持っていくか事前に決めてください。
    • 豆の場合はミルも必要
  • ドリッパー
  • マグカップ
  • ガラスサーバー
    • ガラスでなくても、コーヒーメーカーのステンレスサーバーでOK
  • ガスバーナー
    • 水をお湯に変えるために必要
  • ペーパー(台形か円錐形)
  • ケトル
    • 細口のケトルでなくてもいいです
    • 容量は0.5Lくらいのものがいいと思います

キャンプ・アウトドア用でおすすめのドリッパー8選

エイアンドエフ ラウンドドリッパー

出典 : giga-images-makeshop-jp.akamaized.net

アウトドア用品の「A&F」のドリッパーです。
最大の特長は、完全にたいらの3枚のプレートになる点です。
これなら、まったくかさばることはありません。

またコーヒー自体は円錐形のペーパーを使って淹れることができますので、簡単に掃除ができます!

A&F エイアンドエフ Round Dripper ラウンドドリッパー【アウトドア】【コーヒー】【コンパクト】【折りたたみ式】【軽量】

Amazon楽天市場

MUNIEQ ミュニーク Tetra DRIP 02P ラージ コーヒードリッパー テトラ ドリップ

こちらもドリッパーも平べったい状態にすることができます。
こちらの製品は材質がプラスチックです。
そのため軽くて丈夫です。

仮に折れ曲がってしまったとしても、すぐに復元できます。

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip 3.5cup 02P イエロー

Amazon楽天市場

コーヒーバネット cute

続いてこちらは、針金をオシャレに加工してドリッパーにした製品です。

持ち運ぶときは完全に平たい状態になります。
使用するときは円錐形のペーパーフィルターが必要になります。
もし紙を忘れてしまうと、使用することができませんので注意してください。

ユニフレーム UNIFLAME コーヒーバネット cute(キュート) 664025

Amazon楽天市場

ユーロキッチン

こちらの製品は、マグカップに直接セットして、コーヒーを淹れるタイプです。
ドリップバックのリユース可能製品みたいな感じです。

紙、ペーパーレスで使用することもできます。

EuroKitchen 河西 コーヒーフィルター 口径(外径) 約55mm~80mmのカップに対応 くり返し使えるコーヒードリップバッグ EUHRTA1

Amazon楽天市場

MT.FUJI DRIPPER/富士山ドリッパー ILB-001

こちらもおしゃれな針金タイプ。
富士山の形をしているから、製品の名前も富士山ドリッパー。

オシャレなだけでもなく収納も平たくすることができ、コーヒーも美味しく淹れることができるって最高の製品ですよね。

MT.FUJI DRIPPER/富士山ドリッパー ILB-001

Amazon楽天市場

カリタ コーヒードリッパー 1杯専用 カフェ・トール

カリタ コーヒードリッパー 1杯専用 カフェ・トール ブラウン #04093

Amazon楽天市場

次の製品はカリタの製品です。

通常のドリッパーではどうしてもかさばってしまう、そのためペーパーを簡単にセットできるドリッパーっというコンセプトでできた製品がこの「カフェ・トール」。

使い方は簡単。台形のペーパーをこの隙間にそのままセットするだけ。
いつも家で使っているペーパーをそのまま使用するができます。

アウトドア用だけでなく、出張先に持っていく方も結構いらっしゃいますよ。

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

スノーピーク フィールドバリスタ ドリッパー CS-117

次はスノーピークのドリッパーです。
スノーピークといえば、アウトドアのオシャレブランド。
スノーピークのマグカップは保温性も抜群で使いやすいですよね。

そんなスノーピークのドリッパーは、結構しっかりした金属性のドリッパーです。
使用していないときは、かさばらない仕組みなっていて、これまで紹介したドリッパーよりも台座、スタンド部分がしっかりしていて、どんなマグカップや足場の悪いところでも活躍してくれそうです!

スノーピーク(snow peak) フィールドバリスタ ドリッパー CS-117

Amazon楽天市場

メリタ アロマフィルター

最後に紹介するのは、メリタのアロマフィルターです。

この製品はこれまでの製品とは違う観点からお勧めします。
美味しくコーヒーを淹れるためには、抽出時間やお湯の量をきっちり管理することが重要です。
ですがこれまで紹介したドリッパーはアウトドア用に特化した製品ばかりなので、
抽出時間のコントロールの安定性という観点からは少し難しい製品になっています。

しかしこのアロマフィルターであれば、ドリッパーに線がついていて、そこまでお湯を注げば自動的にちょうどいい抽出時間とお湯の量にしてくれるという優れもの。

他の製品と比べるとすこしかさばってしまいますが、美味しさまでこだわりたい方におすすめしたい製品です。

メリタ アロマフィルター AF-M 2-4杯用

Amazon楽天市場

最後に

キャンプ・アウトドア用のドリッパーを紹介しました。
アウトドアではいつもと違うことにも注意して製品を選択しなければなりません。
特に持っていく際のサイズ感や片付けやすさは重要になってきます。
注意して選択して、美味しいアウトドアコーヒーを飲みましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*