アイスコーヒーが酸っぱい!アイスコーヒーに使うべきコーヒーの種類は?

NO IMAGE

アイスコーヒーが美味しくない、透き通ってないなんても思うことありませんか?
いろんな問題を解決します

アイスコーヒーが酸っぱい

そもそも、人間は冷たいものを酸っぱく感じやすいです。なのでアイスコーヒーには酸味を感じにくいコーヒー豆を使用します。

酸味を感じにくいコーヒーとは、焙煎度が深いコーヒーのことです。
コンビニコーヒーをよく見るとコーヒ豆が2種類ありますよね?これは通常のコーヒー用とエスプレッソ、アイスコーヒー用のコーヒーの2種類あるからです。
特別なことがない限り、アイスコーヒーには深めのコーヒーを使用することがコツになります。

アイスコーヒーが透明ではない

出典 : www.coffeedays.club

透明なコーヒーは食欲をそそりますよね?ですが透明にならないと言うことありませんか?
そう言う時は、淹れ方をちょっと変えてみましょう。

まず、急冷することと、しっかり熱いお湯で抽出しているか確認してみてください。
急冷とはドリップしたコーヒーを氷で受けることを言います。急冷こそが美味しいアイスコーヒーを作るためのコツで、急冷できれば味を何段階もアップさせることができます!
その急冷を起こすために、しっかり高い温度で抽出することが重要です。
温度としては、92℃から95℃を目指してください。

ちなみに透明にならない理由はある成分が凝縮してしまうためで、味には大きな影響はありませんよ。

美味しいアイスコーヒーのコツ

1、焙煎度の深いコーヒーを使用する
フレンチ、イタリアンローストくらいがいいと思います。

2、急冷を狙い、たっぷりの氷をサーバーに入れる
 サーバーでなくても、出来る限り入れてください。

3、しっかりとした温度で、ドリップする。
 温度は重要!92~95℃くらいを狙います

4、ドリップの時は濃いめに調整する!
 通常はいっぱいあたり8gのコーヒーに対して、140mLくらいにしますが、アイスコーヒーの場合は、その半量くらいでもOKです。70から100mLくらいで調整してください。

5、抽出時間に注意して、抽出してください

最後に

いかがでしたか?酸味が強いと感じる方は、これまで通常のコーヒーと同じ豆を使用していた方も多いのではないでしょうか?
次はコツをしっかり押さえて、美味しいアイスコーヒーを、飲みましょう!