コーヒーを保存に最適なおすすめのキャニスターのご紹介

NO IMAGE

コーヒーの保存方法の基本

豆の状態で保存

まず基本の基ですが、豆の状態と挽いた粉の状態では、豆の状態で保存する方が断然長持ちします。
感覚的には挽いた瞬間から劣化が進み、挽いてから15分くらい経ってしまうと、香り成分の半分以上は出てしまうと思います。
断然豆で保存してください。

酸素、水分、光、温度からどうやって豆を守るかを考える

しかし豆で保存していたとしても、劣化は進みます。ちゃんとキャニスターじゃないと1週間くらいで香りが飛んだり、違う香りがついちゃう気がします。
なにが大きく影響を受けるかと言うと、酸素、水分、光、温度の4点です。
いいキャニスターはこのポイントをしっかり押さえているので、1ヶ月は新鮮な香りや味わいが保存できます。

キャニスターの選び方とおすすめのキャニスター

今さっき上げたポイントをどうやって防ぐかと言うと、本体の構造と材質です。
各材質ごとにオススメの製品を紹介したいと思います。

ホーロータイプ

カリタ キャニスター ホーロー製 コーヒー豆 約250g

出典 : images-na.ssl-images-amazon.com

カリタ キャニスター ホーロー製 コーヒー豆 約250g &カリタ 丸型 #44251

Amazon楽天市場

「Plune.」(プルーン) ホーローキャニスター

とにかくかわいいプルーンのホーロー製のキャニスター。

「Plune.」(プルーン) ホーローキャニスター M TS-504

Amazon楽天市場

出典 : www.amazon.co.jp

ステンレスタイプ

メリタ キャニスター ステンレス

メリタ キャニスター ステンレス シルバー MJ-2156

Amazon楽天市場

ガラスタイプ

YOIFO 珈琲キャニスター

YOIFO 500ml-1000ml BPAフリー耐熱ガラス保存容器キャニスター キッチン用食品貯蔵タンク ラウンド気密缶 密封びん 珈琲キャニスター 茶筒 キャンディジャー ウッドリッド(500ML)

Amazon楽天市場

出典 : www.amazon.co.jp

最後に、コーヒーは豆の状態でも1か月はもちません

キャニスターを紹介しましたが、コーヒーをおいしく楽しむために一番重要なことは「早く消費すること」です。
コーヒーの香りはどうやって保存したとしても焙煎してから1か月くらい経ってしまうと、かなり香りの量は低下してしまいます。

なのでおすすめなのは、なるべく少ない量、100gくらいの量で2から3週間に一度コーヒーショップに行くことです。
そうすればいつもおいしいコーヒーを飲むことができますよ。

別のキャニスター紹介の記事も併せてお読みください

おすすめ!カルディとスタバと無印良品のコーヒーを保存するキャニ…

コーヒーの劣化を防ぐためにも1つは持っておきたいアイテム、キャニスターの選び方とおすすめ品をご紹介します。

おしゃれにコーヒーを保存。ペットボトルにコーヒーをいれて保存し…

最近話題のコーヒー豆のペットボトル保存についてオススメのポイントを考えてみました。画像元:Youtube(https://www.youtube.com/watch?v=bkMpobfiAdU)

コーヒー豆、コーヒー粉を長持ちさせる保存する方法

美味しく飲めるように、コーヒー豆やコーヒー粉を上手に保存するおすすめの方法をまとめました。