家で簡単にできる、アイスコーヒーの作り方

NO IMAGE

アイスコーヒーには2種類あります。お湯で作る方法と、水から作る方法です。
お湯で作る方法のことを急冷法、水から作る方法を水出しといいます。
抽出する温度が全く違いますので味がわかってきます。
急冷法は90℃前後のお湯で抽出するのでしっかり苦味も抽出できます。逆に水出しの場合、水で長い時間かけて抽出するため、酸味の方がよくでて、あっさりとしたアイスコーヒーになります。

アイスコーヒーの作り方は2通り、その違いは?

アイスコーヒーには2種類あります。お湯で作る方法と、水から作る方法です。
お湯で作る方法のことを急冷法、水から作る方法を水出しといいます。
抽出する温度が全く違いますので味がわかってきます。
急冷法は90℃前後のお湯で抽出するのでしっかり苦味も抽出できます。逆に水出しの場合、水で長い時間かけて抽出するため、酸味の方がよくでて、あっさりとしたアイスコーヒーになります。
ミルクと合わせるのであれば、苦味をしっかり抽出する急冷がおすすめで、ガムシロップと合わせるのであれば、水出しがいいとおもいます。
が、どちらも美味しいアイスコーヒーができるので両方とも入れて欲しいですね。

ホットコーヒーを氷で急速に冷やす、急冷のいれ方

出典 : lightupcoffee.com

急冷法のコツは、濃いめのコーヒーを氷ですぐに冷やすことです。
すぐ冷やすことで透明で美味しそうなアイスコーヒーになります。
作り方はいつものコーヒーを2倍濃い量で淹れます。ドリップで落とすときにサーバーに氷を入れておきます。コツは氷を入れるだけ入れることです。案外薄くなってしまうかもと思ってしまうくらい入れても問題ありません。
急冷した後は氷が溶けているはずなのでいい塩梅の濃さになっているとおもいます。
それをさらに氷を入れて飲みます。

急冷コーヒーにオススメな製品

急冷は通常のドリップセットでも作れますが、アイスコーヒーメーカーを使ったり、普通のコーヒーメーカーを使っても作れます。

出典 : www.amazon.co.jp

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス リラッサ・アイスコーヒー ブラック 1000ml ドリッパー ポット K8966CS-BK

Amazon楽天市場Melitta(メリタ) NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 ブラック SKT541B

Amazon楽天市場

コーヒー豆を水で抽出する、水出しコーヒー

一方、水出しコーヒーは非常に簡単に作れます。挽いたコーヒーを水につけ、1日か2日ほど、冷蔵庫で保存していれば、できます。水で抽出するには時間を置く必要があります。通常1日かかります。
置いて抽出した後はコーヒーを取り出して完成です。

水出しコーヒーにオススメな製品

水出し用の器具も販売されています。選ぶポイントはコーヒーを取り出しやすいか、そしてメッシュの粗さです。
メッシュとはコーヒーを入れるところにある穴のこと。それが粗すぎるとコーヒーが水側に出てしまいます。
そのため水出しでコーヒーを作るときは粗めに挽くことも重要なポイントです。

出典 : www.amazon.co.jp

ハリオの水出し用コーヒーポットです。やっぱり水でコーヒーを抽出するのは斬新ですね

HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用 ブラウン MCPN-14CBR

Amazon楽天市場

アイスコーヒー用のコーヒー豆の選び方

アイスコーヒーは冷たい状態で飲むコーヒーなので、特殊なコーヒーを選ぶ必要があります。
基本的には焙煎度が深いコーヒーを使います。フレンチやイタリアンローストが狙い目でしょうか?あと挽き目も粗めで調整しましょう。ただ挽き目は急冷か水出しかで異なるので調節してください。
味の調整の仕方は別記事にて紹介しています。

アイスコーヒーが酸っぱい!アイスコーヒーに使うべきコーヒーの種…

アイスコーヒーが美味しくない、透き通ってないなんても思うことありませんか?いろんな問題を解決します

コーヒーの味の決め手!「焙煎」と「産地」について

コーヒーを楽しむ上で知っていて損はない「焙煎」と「産地」による味の違いについてご紹介します。

最後に、アイスコーヒーって日本独自の文化

海外、特に欧米でアイスコーヒーはどうやって飲まれているかというと、実は飲まれていません。暑い時でもホットコーヒーが一般的です。なのでジャパニーズアイスコーヒーとかアジアンコーヒーとか言われています。
スタバとかでコールドブリューと言ってた流行ったりしていますが、要は水出しコーヒーです。
海外にはないものなので新鮮だったということでしょうか。

アイスコーヒーは夏だけでなく冬でもいつでも楽しめるコーヒーです。
家でアイスコーヒーをいれてコーヒーを楽しみましょう!