世界選手権ファイナリストが教える、エアロプレスでおいしいコーヒーの淹れ方!

NO IMAGE

最近はやり始めている淹れ方エアロプレス。しかし淹れ方は難しいという方が多いように感じます。今回は世界選手権4位の方のレシピを紹介し、おいしいエアロプレスの淹れ方を紹介したいと思います。

まずは、トリセツに書かれているレシピは無視しよう!

かなりショッキングな見出しですが、かなり芯をついています。

一般的なドリップコーヒーの場合、コーヒーの抽出温度は90~95℃ですが、
エアロプレスの場合、80~85℃くらいのお湯を使用することがあります。

トリセツに書いているので信用するしかないのですが、今回紹介するレシピはそれに異を唱えています。

その理由は、低温のお湯では苦みを抽出することが難しく、酸味が強すぎるコーヒーになることが多いためです。これはプロであってもそうです。
それによってバランスの悪いコーヒーになってしまい、結果として甘みがないコーヒーになってしまいます。

コーヒーの量も適正な量を選択しよう

またコーヒーの量もエアロプレスの場合は多く使用する方が多いです。
水とコーヒーの比率が、10:1のという具合です。

しかしこれも抽出不足が生んでいる問題であるため、多すぎるコーヒー量ではなく
適切な量のコーヒーを適切な抽出を用いてコーヒーを作ることが必要だと思います。

今回のレシピでは一杯あたり15gのコーヒーを使用し、225mLのお湯で抽出します。

ファイナリストのレシピを紹介

①15グラムのコーヒーを挽く

挽き目は中挽きです。細かすぎず、粗すぎない粒度に調整します。
ドリップコーヒーを同じくらいでよいと思います。

出典 : i2.wp.com

②2つのすすいだフィルターをエアロプレスに入れます

2枚使用することがポイントです。
2枚使用することで、コーヒー粒をカップに落とさないようにすることができます。
きれいに濾すことで、すっきりとした味わいにします。

出典 : i1.wp.com

③225mlのお湯を入れます。お湯の温度は90~93℃程度。お湯を入れた後はプランジャーをに入れて待ちます

プランジャーを入れる理由は、コーヒーが滴ることを防ぐためです。なのであまり押しすぎないように注意してください。
この工程はドリップコーヒーでいうところの”蒸らし”に当たります。


この工程がなければしっかりとした抽出を得ることができません。

出典 : i0.wp.com

①1分後に、プランジャーを取り外し、スプーンで表面にできた”Skin(皮)”を含めて、全体をかき混ぜます。

出典 : i1.wp.com

⑤ その後、4分待ったら、ゆっくりとプランジャーを押し下げ始めます。

下の写真のようにしっかりとコーヒーを出し切ります。

出典 : i2.wp.com

⑥最後にカップに移し、コーヒーの完成です。

出典 : i1.wp.com

最後に

エアロプレスのおいしい淹れ方を紹介しました。
まだまだ流行り始めたばかりのエアロプレスですので、ぜひこの淹れ方にも挑戦してください!

この記事の元ネタです。

エアロプレス コーヒーメーカー

Amazon楽天市場