手挽きコーヒーミルのおすすめと選び方

NO IMAGE

コーヒーを挽くと言えば、手挽きミルを思い出しますよね?かっこいい感じで買ってみたいけど、なにを確認して買うべきなのかわからないのものです。
そこで今回は買う時に見るポイントをご紹介したいと思います

手挽きのコーヒーミルとは

コーヒーミルとは焙煎されたコーヒー豆を粉砕するための器具

出典 : mens.tasclap.jp

コーヒーをいれる順序は、焙煎→粉砕(グラインド)→抽出に大きく分類できます。コーヒーミルはその粉砕するために必要な道具になります。粉砕時に重要なことは荒目や細目といった挽き目の調整。挽き目によって味が大きく変わってきます。そのため飲み方に適した挽き目で粉砕することが重要になります。

コーヒーミルとグラインダーの違い

出典 : www.amazon.co.jp

コーヒーミルとグラインダーに一般的に機能に違いはありません。ミルには砕くという意味が強いですが、グラインダーは砕くという意味のほかに、そろえるという意味も含まれています。そのため上位機種や業務用製品の場合はグラインダーということが多いようです。

手挽きコーヒーミルの特徴

次に手挽きのコーヒーミルの特徴を電動コーヒーミルと比較する形で紹介したいと思います。

ハンドルがある

大きな特長は「ハンドルがある」ことです。当たり前と言えば当たり前ですが、手動のミルは手で歯を回す必要があります。大部分は横に回すタイプのハンドルが多いですが、大きい手動ミルの場合は作業性を考慮して縦向きに動くタイプもあります。

デザインが豊富

出典 : store.shopping.yahoo.co.jp

手挽きコーヒーミルは材質の豊富さだけでなく、デザインも豊富です。アンティーク調のミルから筒状のおしゃれなミルまで様々です。使う時だけでなく、使っていない時も部屋のおしゃれアイテムとして使えます。

アウトドアにも使える

電動コーヒーミルとの大きな違いは、アウトドアでも使える点です。アウトドアで飲むコーヒーは家で飲む一杯と比較しても格別ですよね?さらに手動コーヒーミルを使うと挽きたてのコーヒーを楽しむことができます。電動と比べた場合大きな利点になります。

挽く豆の大きさも調節可能

電動と比較した場合、「挽くことができる範囲は変わるの?」という質問が来ることがありますが、手動コーヒーミルでも挽き目の調整はできます。調整ができるので、コーヒープレスからドリップコーヒー、エスプレッソまで一つの手動コーヒーミルで楽しむことができますよ。

選ぶときはここを見る

コーヒーミルのサイズの違い

サイズ、形

第一にサイズや挽けるコーヒー量を確認しましょう。先に言っておくと手動コーヒーミル3杯分(30g前後)挽くのは結構しんどいです。なので、あまりサイズが大きな物はお勧めしません。また形やデザインも重要です。アンティーク調のミルを挽く場合は何かしらの台に置いて挽くことになります。何かやりながら挽きたいなと考えている方は筒状のミルのほうが良いと思います。

重さ

実際に挽くとなると、重さが重要になります。挽くときの安定性に直結します。台において挽くタイプの場合は、重さがないと両手を使って挽かなければなりません。また歯の材質も確認してみてください。セラミック製の歯のほうが一般的に軽い力で挽くことができます。

ハンドルの長さ

ハンドルの長さは挽く力に影響します。長ければ長いほど軽い力で挽くことができますが、サイズととってしまいますので、ハンドルの収納方法も確認したほうが良いと思います。

出典 : koyamacoofi.com

蓋や挽いた粉の取り出し方も要注意です。一度にどのくらい挽くことができるかを確認してください。大きすぎず、手間にもならないように、50~100gのものがベターだと思います。

手動コーヒーミルのメリット、デメリット

メリット

自身で豆を挽くことによって香りや挽く音を楽しんだりリラックスすることができる

挽きたてのコーヒーもさることながら挽いている時間が最も癒しのときという方も多くいらっしゃいます。ゆっくりいい香りの中で過ごす休日もいいですよね。

レトロなものなどデザイン性の高いものが多くインテリアとしても最適

出典 : japan-design.imazy.net

電動に比べると安価

平均すると3000円前後で購入することができます。まずは安価なものから試してみるのも手ですね。

デメリット

結構あるのですが、手動コーヒーミルはつらいという方が多いです。電動コーヒーミルですと、2杯分20g分は20秒以内で挽くことができますが、手動だと30分くらいかかってしまいます。

味の違いは?

電動と手動で大きな味の違いはありません。一説によると、手動のほうがコーヒー豆に熱がかからないため風味が損なわれないといわれますが、それよりも挽き目による違いが大きくあまり差はないと考えてよいと思います。

最後に

まずは自分でコーヒーを挽いてみてください。これまでドリップオンやインスタント、挽かれたコーヒーでのドリップとは全く違う香りや味を体験できます。またコーヒーってこんなに挽き目によって味が変わるんだと実感されると思います。今のコーヒーライフから一段階も二段階も楽しみが増えること間違いなしです。
ぜひミルでコーヒーを挽いてみましょう!