テレワークになって早3か月。家でのコーヒーライフを充実させるために、ローカルロースターのコーヒーを買うようになりました。

普通は100g/800~1,000円くらいのエチオピアなどのシングルオリジンを飲んでいますが、少し弾んで、100g/1,500円くらいのルワンダのCOEのコーヒーを買ってみました!個人的にCOEコーヒーを買ったので、紹介したいと思います!

今回買ったコーヒーはこれ

コーヒーを買ったのは仙台のロースター「フラットホワイト」です。独自のルートでシングルオリジンコーヒーを仕入れているようで、各種いろんなシングルオリジンコーヒーをそろえています。

http://shop.flatwhite.jp/

「フラットホワイト」というコーヒー屋さんです。

今回は、ルワンダのジョラン農園のシングルオリジンです。近年はやっているルワンダ。アフリカならではフルーティーな酸味が特徴的ぽいです!そして後味も甘味が残る感じなんでしょう!楽しみ! 

コーヒーコメントです。COEというのは、Cup of Excellenceの略で、各国のコーヒー品評会です。その品評会で27位だったコーヒーということなのです!この農園はトップ10にも入ったことがある優良農園!ほえー!楽しみ過ぎる!

コーヒーの挽き目はこんな感じ

今回は粉にしてもらいました。家でコーヒーを挽くことをさぼってしまいました。たは。オーダーは中挽き指定しました。ドリップにはちょうどいいですね。コーヒーメーカーでコーヒー淹れました。

コーヒーができた、さあ飲もう。

お気に入りの波佐見焼のカップで飲みます。焼きは浅めのため、澄んだ色をしたコーヒーです。酸味を楽しむためには浅めじゃないとダメです!

そして飲みます、、、

感想は何とも優しい味!これがコーヒーなのかと思うくらい、澄んだ味!

飲んだ瞬間、鼻から抜ける酸味にうっとりします。普通だとこの後に苦味を感じたりしますが、このコーヒーにはそんなのありません。

後味は、フルーティーな酸味を感じた舌の上に甘みが残り、非常にすがすがしいコーヒーです。いやーほんとに最高の気持ち。買ってよかった。

買って最高だけど、注意が必要

COEのコーヒーを初めて買いましたが、買ってよかったです。

ただ今回気づきましたが、COEというコーヒーは本当に繊細なコーヒーということに気づきました。

今回3回コーヒーを飲みましたが、3回とも味が変わりました笑 理由は簡単で抽出のスイートスポットが非常に狭いのだと思いました。

また酸味を感じやすくするためには若干温度を下げる必要があります。たぶん89℃くらいが一番いい抽出だと思いますね。ただ下げ過ぎてしまうと抽出不足になってしまいます。

まさにじゃじゃ馬。COEコーヒーとはほんとに奥深いコーヒーということを今回知りました。