最新のドリッパー「メリタ プレミアムフィルター」が気になる

最新のドリッパー「メリタ プレミアムフィルター」が気になる

2021年夏にメリタから新しいドリッパー「プレミアムフィルター」が発売されました。これまでメリタと言えば「アロマフィルター」が代名詞でしたが、プレミアムと言っている以上、それ以上の機能があるということですよね!気になる機能やこれまでのフィルターと何が違うかを調べていきたいと思います。

高級ドリッパー「メリタ プレミアムフィルター」

まず価格を見てほしいですが、一個5,000円します。これまで5,000円するドリッパーがあったでしょうか。どれだけのものなのか!と思いますね。


中に入っているのは、ドリッパー本体とお皿とスプーンです。結構しっかりしているドリッパーなので5,000円くらいでちょうどいいかもしれませんね。プレゼントとかでも使えそうです。

その製品のコピーは「新しい形、新しい素材のメリタのコーヒーフィルター。これまでとは違うコーヒー体験を。」ということで、何が違うか見ていきたいと思います。

これまでのドリッパーとの違い

形が違う、取っ手・ハンドルがない!

見てわかりますが、このドリッパーには他のドリッパーにあるハンドルがありません。実際に使ってみると案外なくてもいい感じです。しかもスペース的にも助かりますね。最近はハンドルがないドリッパーも増えているとも言えますね。


材質が磁器・波佐見焼

しかしプレミアムフィルターの弱点は大きくて重いこと!重いと使いづらいですよね。そこで磁器製でドリッパーを作ったようです。通常、陶器よりも磁器の方が軽くで薄いです、その上強度は陶器よりも強いという一石二鳥!

そして磁器の名産地と言えば長崎県の波佐見です。波佐見焼のドリッパーは他のメーカーでも発売されています。が、より細微な設計にこだわったのがプレミアムフィルターのようです!

総合的に何が変わったのか?

味的にはこれまでのメリタのドリッパーよりもあっさりしたコーヒーを作ることができそうです。その理由は穴がこれまでのドリッパーよりも大きいためです。

あっさりということはより、シングルオリジンコーヒーなどこだわりの強いコーヒーに向いているということで、これもまでのメリタのドリッパーとはひと味違うドリッパーだと思います!

あの人も使ってた!

たまたまですが、千原ジュニアさんもこのドリッパーを使っていました。カリタのナイスカットミルとの取り合わせは、かなり通!って感じですね。


最後に、こんな人におすすめ

プレミアムフィルターについて、違いを紹介しました。これまでのメリタのドリッパーは、しっかりした味を出すことに特化していましたが、プレミアムフィルターはもう少し通向けの製品になったようです。

こだわりが強い方や、コーヒー好きへのプレゼントにうってつけの製品だと思います!