イタリアのコーヒーメーカーブランド「デロンギ」、全自動からおしゃれなコーヒーメーカーまで完全紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デロンギはコーヒーだけなく、オイルヒーターやその他のキッチン家電も販売しています。全種類のデロンギのコーヒーメーカーを紹介していきます。

デロンギのブランドの特長

デロンギはコーヒーだけなく、オイルヒーターやその他のキッチン家電も販売しています。
その最大の特長は、イタリアデザインです。

簡単に言うとすべての製品がオシャレで、高級志向の製品が多いということです。

またコーヒーメーカーも種類が豊富です。
今回はすべての種類のコーヒーメーカーを紹介していきます。

デロンギが提供しているコーヒーマシンの種類、仕組み

デロンギのコーヒーマシンには3つの種類があります。

ミルがついており、豆からコーヒーを淹れることができる。全自動コーヒーマシン。
コーヒーの粉からコーヒーを作るドリップ式コーヒーメーカー
さらに、強い苦みが特徴的なエスプレッソを入れることができるエスプレッソマシン。

国内で販売しているメーカーの中でこの3つの種類すべて網羅しているのはデロンギだけです。

デロンギのコーヒーメーカーの製品ラインナップページです

製品ラインナップ | デロンギ
https://barista.delonghi.co.jp/products/#bco
ワンプッシュで美味しいコーヒーが抽出できる全自動コーヒーメーカーをはじめ、 豊富なラインナップをご用意。あなたのライフスタイルに合わせてお選びください。

全自動コーヒーマシンの特長

出典 : barista.delonghi.co.jp

全自動コーヒーマシンの仕組みは実は、エスプレッソマシンと同じです。
エスプレッソマシンと違うのは、コーヒーにかかる圧力が変わってきます。
コーヒーを出すときは圧力が低く、逆にエスプレッソを出すときはしっかり圧力をかけて抽出します。

なにがメリットかというと、全自動コーヒーマシンはコーヒーやエスプレッソ、ラテ、カプチーノなのいろんなドリンクを飲むことができます。
またワンタッチでコーヒーを淹れることができるため、一番作るのが楽です。

その代わり、3種類の中でも一番高い製品になります。
高いですが、味も確かですし、片付けも楽になります。

ドリップ式コーヒーメーカーの特長

出典 : www.delonghi.co.jp

ドリップ式コーヒーメーカーの特長は、挽いたコーヒーからコーヒーを淹れることです。
自分でも挽いてもいいですし、挽いた豆を購入して淹れることもできます。

コーヒー粉をセットして、あとは水タンクをセットしてボタンを押すだけ。
これだけでドリップコーヒーを飲むことができます。

味わいとしては一番ハンドドリップの味に近くなります。ペーパーを使えば、よりすっきりとした味わいになり、苦みが苦手な方も飲みやすいコーヒーになります。

最近ではペーパードリップではなく、繰り返し使えるペーパーレスフィルターを用いることもできます。
ペーパーレスフィルターを使用した場合、ペーパードリップとは異なり、コーヒーの味をダイレクトにカップに移すことができます。
コーヒーの味をしっかり味わいたい方にはおすすめです。

エスプレッソマシンの特長

出典 : barista.delonghi.co.jp

エスプレッソマシンの特長は、自分好みのエスプレッソを自分の手でいれることができることです。当たり前のことですが、エスプレッソを淹れるためには専用のマシンが必要です。
それだけエスプレッソは特別なドリンクということです。

またエスプレッソを飲むときに重要なのは、グラインダーです。
エスプレッソはコーヒーよりも、コーヒーの挽き目が細かいです。その細かくコーヒーを挽くためには、専用のグラインダーが必要です。

エスプレッソマシンと合わせて、細かい粉にすることができるグラインダーを購入して、自分好みのエスプレッソを淹れましょう。

全自動コーヒーマシンの紹介

全自動コーヒーマシンの具体的な機種を紹介します。
選び方、選ぶときのポイントは、どんなコーヒーが飲みたいかと、水タンクの位置とサイズです。

全自動コーヒーマシンの選ぶポイントはどんなドリンクが飲みたいかと使い勝手

出典 : www.shop-casa-delonghi.com

まず、どんなドリンクが飲みたいかをしっかり考えます。
簡単に言うと、ミルクに関するドリンクを飲むか、飲まないかになります。
コーヒーしか出ないマシン、ミルクを温めるスチームがでるマシン、自動でラテができるマシンの3種類になります。

その他の選ぶポイントは豆の補給のしやすさや、水タンクの取りやすさ、サイズ等の使い勝手です。
全自動コーヒーマシンは基本的に簡単にコーヒーを淹れることができますが、最低限コーヒーと水はセットする必要があります。そのタンクが横からとるタイプなのか、縦からとれるのかでは、周りのスペースを有効活用できるかできないかにかかわってきます。

一見、価格だけで決めてしまいそうですが、使い勝手は毎日の生活にかかわってきますので、慎重に選びたいですね。

ミルクドリンクも自動でできる、フルスペックマシン「エレッタ 」

出典 : barista.delonghi.co.jp

ミルクドリンクのラテもカプチーノも自動で飲みたいという方にお勧めしたいのが、
「エレッタ カプチーノ トップ コンパクト全自動エスプレッソマシン/ECAM45760」です。

デロンギの全自動コーヒーマシンの中でも最高峰のマシンです。

ミルクに使用されるフォームミルクをふわふわに仕上げてくれる「ラテクレマシステム」やドリップコーヒーに違い味わいのコーヒーができる「カフェ・ジャポネーゼ」など最高の機能が搭載されています。

そして私が一番推すポイントは、このマシンは真横に何を置いても大丈夫という点です。
先ほどコーヒーと水は自分で入れる必要があるといいましたが、多くの場合、水のタンクはマシンの後ろ側にあったり、横側にあったりします。
そうすると、水のタンクを外すためにわざわざ隣のものをどけたりしてスペースを作る必要がありました。

しかしこのエレッタは、そういったスペースを確保する必要がありません。
その理由はすべての作業を正面から実施することができるからです。
水タンクも前から引き抜くタイプになっていますし、たまに洗浄が必要な内部のパーツも正面からとることができます。

まさにデロンギのコーヒーマシン中での最高峰といったところでしょうか。

エントリーマシンのマグニフィカ ESAM03110B

出典 : barista.delonghi.co.jp

そこまでミルクはドリンクは飲まずに、コーヒーが簡単に出るマシンが欲しいという方には
「マグニフィカ ESAM03110」をお勧めします。

エントリーマシンと説明していますが、そんなことはなく、非常に優秀なマシンです。
エスプレッソやコーヒーはもちろん、スチームも出すことができるので自分でフォームミルクを作ることもできます。

エスプレッソの命でもあるグラインダーはコーン式グラインダーを採用していて、低速回転で豆を挽くため、摩擦熱が発生しにくく、コーヒーの香り、アロマを最大限カップにそそぐことができます。

色はブラックと、シルバーがあり、家のインテリアによって選ぶことができることもいいポイントです。

全自動コーヒーマシンがあれば、いろんなコーヒーが楽しめる

出典 : www.shop-casa-delonghi.com

全自動コーヒーマシンがあればエスプレッソやコーヒーだけでなく、カプチーノやラテも楽しむことができます。
またコーヒーを挽いてからコーヒーを作るので、挽きたてのコーヒーがいつでも飲めて、さらに豆の状態なので長い間コーヒーを劣化させずに使用することができます。

コーヒー自体も美味しくなっていいことばかりです!

ドリップコーヒーメーカー

出典 : www.delonghi.co.jp

全自動コーヒーマシンが買いたいけど、さすがにコーヒーマシンに数万円かけることができない方や、そもそもエスプレッソ方式のコーヒーは苦手でドリップ式のすっきりとしたコーヒーが好きという方には、ドリップ式コーヒーメーカーがおすすめです。

ドリップ式コーヒーメーカーであれば、5,000円前後でデロンギのコーヒーメーカーを買うことができますよ。

コーヒーメーカー ICM14011J

出典 : www.shop-casa-delonghi.com

デロンギのドリップ式コーヒーメーカーの中で最も販売されていて、人気があるのは「ICM14011J」です。

最大の特長はアロマボタンです。このボタンを押すと、蒸らしながらじっくり淹れる、本格的なハンドドリップの手法に近い間欠抽出を行ってくれます。この抽出により、コーヒー風味を最大限に引きだすことができます。

使い方は簡単で、コーヒーの粉をふたを開けた部分にセットし、水をセットしたら、あとはボタンを押すだけ。それだけで美味しいドリップ式コーヒーメーカーができます。

またペーパードリップですっきりとしたコーヒーも入れることもできますし、付属しているペーパーレスフィルターを使用すればしっかりとしたコーヒーも淹れることができます。

気分や時間によって自分好みのコーヒーを淹れるものありですね。

コーヒーメーカーCOX750J

出典 : www.delonghi.co.jp

デロンギらしい、ユニークでおしゃれなデザインが特徴的な「COX750J」です。

このシリーズはケーミックスシリーズといわれ、コーヒーメーカーだけでなく、電気ケトルやトースターもセットで家の中をコーディネートできる、デザイン家電シリーズの一つです。
メタル素材にロゴを大きくあしらったプレートがアクセントで、ボタンひとつで使えるシンプルな設計はそのままに、高級感のあるデザインが特徴的。

デザイン性だけでなく機能性も優れており、風味を更に引き出す「アロマスイッチ」が搭載されていて、美味しいコーヒーを淹れることができます。

この機種にもペーパーレスフィルターが付属していて、日によって自分好みのいろんな味のコーヒーを楽しむことができます。

色はスパイシーレッド、クールホワイト、リッチブラックの3色あります。

出典 : image1.shopserve.jp

エスプレッソマシン

デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M

出典 : barista.delonghi.co.jp

エスプレッソマシンの命はポンプです。
エスプレッソは高圧をかけることで、美味しい部分だけを抽出するドリンク。
そのため、美味しいエスプレッソを淹れる絶対条件は9気圧の圧力をかけることができるポンプが必要になります。
その点、この製品は業務用と同じポンプ式を採用していて、9気圧をしっかりかけることができます。

また、コーヒー粉だけでなく市販のカフェポッドを使ってもエスプレッソを淹れることができます。

スチームを使えば、カプチーノも簡単に楽しむことができます。

横幅15センチで高級感のあるメタルボディでお部屋をスタイリッシュに彩ります。

エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

出典 : www.delonghi.co.jp

こちらのモデルでもしっかり9気圧の圧力をかけて、エスプレッソを淹れることができます。
こちらは、E.S.E規格対応のカフェ・ポッド専用ホルダーも搭載しており、コーヒー粉だけでなく、各種カフェポットでもエスプレッソを淹れることができます。

このモデルは操作性が簡単なことが特徴で、フロントパネルのダイヤル一つで、ON/OFFの切り替え、エスプレッソの予熱・抽出、スチームの予熱の切り替えが可能です。

また、クリーミーなミルクを泡立てることができるスチームノズル搭載されており、カプチーノやカフェラテも淹れることができます。

最後に、まとめ

今回は、デロンギのコーヒーメーカーのおすすめの全自動コーヒーマシン、ドリップ式コーヒーメーカー、エスプレッソマシンを紹介しました。

デロンギはイタリアのブランドです。イタリアといえば古くからコーヒー、エスプレッソが飲まれており、コーヒーの文化が進んでいる国です。

そんな国のブランドですから、間違いありません!
家にデロンギのコーヒーメーカーがあれば、毎日の生活が楽しくなること間違いなしです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*