レギュラーソリュブルコーヒーとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネスレから発売されているゴールドブレンド等のコーヒーには、レギュラーソリュブルコーヒーと記載されています。あまり見慣れない名称ですよね?
なぜこの名称がついているか解説します。

レギュラーソリュブルコーヒーは、インスタントコーヒー

レギュラーソリュブルコーヒーはインスタントコーヒーです。
なんの変哲も無いインスタントコーヒーです。

ソリュブルという意味は溶けることができる、溶解するという意味です。
溶けるコーヒー、それはインスタントコーヒーですね。

ゴールドブレントはフリーズドライ製法で作られたインスタントコーヒーで、大き目の固形成分になっていることが特徴です。

ネスカフェ ゴールドブレンド
https://nestle.jp/brand/ngb/
違いがわかる、50年目の新しい香り。 新「ネスカフェ ゴールドブレンド」 累計1,500億杯以上ご愛飲いただく「ネスカフェ ゴールドブレンド」が発売50周年を機に、香りと味わいがさらに進化しました。
もちろん、ネスカフェのゴールドブレンドのブランドページには「インスタントコーヒー」という言葉は出てきません

インスタントコーヒーのイメージ

豆から淹れるコーヒーのことを、レギュラーコーヒーと言います。

レギュラーコーヒー、インスタントコーヒーはよく対比されます。
それぞれのイメージに関する調査結果を以下に載せます。

ざっくりいうと、
レギュラーコーヒーは、おいしく、本格的、贅沢といったイメージがあるのに対し、
インスタントコーヒーは、手軽・簡単といったイメージになっています。

レギュラーコーヒーの方がおいしいと思う方が多いということです

出典 : www.dims.ne.jp

そもそもレギュラーソリュブルコーヒーって言ってる理由

上で紹介しましたが、インスタントコーヒーはおいしくというイメージはないです。

そのためネスレが
『うちのコーヒーはインスタントコーヒーではない、レギュラーソリュブルコーヒーだ!』と宣言して、その名前になったという訳です。

前はネスレも日本インスタントコーヒー業界連合に加盟していましたが、いまは脱退しています。だからインスタントコーヒーではないということですね。

製品の名前の中に、おいしい、本格的といったイメージを持っているレギュラーという言葉を名前の中にいれたかったということですね。

これを正とするか、悪とするか

要はインスタントコーヒーでは売りづらいから、レギュラーコーヒーに名前を似せたレギュラーソリュブルコーヒーに名前を変えた訳です。
これによって何が起こったかというと消費者の誤認です。

インスタントコーヒーなのにレギュラーコーヒーと思って買っているだ方が多くいます。
まさにネスレの戦略にハマっている形です。

マーケティング戦略といえば聞こえはいいですが、
メディアによる情報操作にもあたると思います。

ちゃんとした知識をみなさんに提供したいと思う次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*