妊活、妊娠と「コーヒー」の関係?コーヒーは飲んで大丈夫なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に言われる妊娠したら、コーヒーの飲むと悪影響がでるといわれますが、本当なのか?WHOや各国の推奨や医師の意見をまとめました。

妊娠とコーヒーの関係は?

コーヒーのカフェインは本当に妊活、妊娠に悪影響があるのか?

俗にいう、胎児に悪影響があるといわれるカフェイン。
コーヒーの中に微妙ながらカフェインは入っています。

しかしこれまで胎児、妊婦に対する研究では、
カフェインの摂取が直接的に影響を与えることを示した結果はありません。

しかし「多量に摂取すると妊娠までの期間が延びる」という検証結果はあるようです。

その原因として考えられるのは、カフェインによる利尿作用の影響です。

カフェインの利尿作用により、子宮を冷やしてしまったり、
 夜に摂取することで眠れなくなり、妊活に最も重要な生活習慣が崩れてしまったり、
 
といったことが考えられます。

WHO(世界保健機関)の基準は?

WHOの発表では、

『2001年に公表した「Healthy Eating during Pregnancy and Breastfeeding 2001」において、「紅茶、ココア、コーラ飲料は、ほぼ同程度のカフェインを含み、コーヒーにはこれらの約2倍のカフェインが含まれている。このため、カフェインの胎児への影響についてはまだ確定していないが、妊婦はコーヒーの摂取量を一日3~4杯までにすべき」とされています。

WHOでは、一日のコーヒ ー摂取の適正量を3∼4杯、と定めています。
イギリスや、カナダではマグカップ2杯分以下の飲用にするように推奨されています。

これらで、わかることは、コーヒーは飲んだらダメな飲み物ではないということです。

日本では基準はありませんが、カフェインの摂取量を少なくするように指導されています。
が、カフェインを飲んではいけないと思い、
何を飲めばいいのかとストレスを与えるよりは、一日数杯飲んでも大丈夫というくらいの気持ちのほうが、子供にはよいと思います。

あまり考え過ぎて、それがストレスにならないように

食べ物や飲み物に気を配ること気持ちはよくわかります。

しかしそれに意識しすぎて、ストレスをためない、ということが重要だと思います。

妊活や妊娠の期間では、息抜きの時間や他のことに
熱中する時間を設けることもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*