クラウドファンディングのコーヒーメーカー「Bean to Cup」がよさそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドファンディングをしているミル・フィルター・カップ一体式、電動式ポータブルコーヒーメーカー『Bean To Cup』がかっこいいです。
性能をすこしさらってみたいと思います

豆から淹れる電動ポータブルコーヒーメーカー『Bean To Cup』

出典 : greenfunding.jp

greenfundingにてクラウドファンディングしているコーヒーメーカーを紹介します。
通常のミル付きコーヒーメーカーではなく、持ち運びができてかつ、保温性も高いコーヒーメーカーです。

出典 : greenfunding.jp

個人的に思う、良さそうな点

コンパクトかつ、簡単

一番のポイントは簡単でコンパクト、コーヒーができた後も持ち運べる点でしょう。

アウトドアでコーヒーをいれる時、結構道具がかさばってつらいんですよね。
それがこれにはなく、こんなに気軽に持ち運べるのはいいですね。

コニカル刃を使用したミル

出典 : greenfunding.jp

ミルがコニカル式というポイントもいいですね。

この手のコーヒーメーカーの場合、プロペラ式が多いです。
プロペラ式だと粒度が不均一で味が安定しないだけでなく、コーヒーもおいしくなりません。

しかしコニカルですと、挽き目の調整も簡単にできます。
また耐久性のセラミック刃もGoodですね。

ちょっと気になるポイント

結局、お湯は沸かさないといけない

このコーヒーメーカーにはお湯を沸かす機能がありません。
これは結構決定的に不便です。

たとえばアウトドアで使用する場合、これとは別にやかん、もしくはケトル等のお湯を沸かす道具が必要になります。
ケトルが道具のなかで一番かさばるのに、それがないとコーヒーができないのは残念です。

そしてお湯が沸かせる場所で作る場合は、わざわざこれでなくても安くていいコーヒーメーカーがあるのではないかと思ってしまいます。

ペーパーフィルターが使えない

ペーパーフィルターでドリップができないもの悲しいです。

理由は2点あり、一点は風味。もう一点は片づけです。
ペーパーを使うと、雑味がなくなりすっきりとした味わいになります。
日本人の好みの味です。しかしペーパーがないとコーヒーオイルが直接カップに移ってしまうため、コクが強いコーヒーになってしまいます。

また片づけもペーパーですと、ぽんと捨てるだけで完了ですが、片づけずらいです。

コーヒー自体がおいしいか、クエッションマーク??

そしてコーヒーの味がしっかりでるのかが、よくわかりません。
映像を見る限り、抽出時間が早すぎる可能性があります。

200mLとなると一人前のコーヒーになります。
コーヒーが少ないと、うまく抽出時間を調整しなければ、抽出不足のコーヒーになってしまいがちです。

うまく調整できる構造になっていれば、いい感じですね。

出典 : greenfunding.jp

最後に

とはいえ、このタイプのコーヒーメーカーはこの世にはなく、魅力的なデザインだと思います。
もし製品化されるのであれば、ぜひ使ってみたいなと思いました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*