【更新版】メリタ アロマフレッシュ 新型 製品レビュー

2020年に発売されたメリタ初のミル付きコーヒーメーカー「アロマフレッシュ」が、このたびリニューアルされ、新しい型番、AFG622-1BとAFT1022-1Bになりました。どこが改良されたのか紹介していきたいと思います。旧アロマフレッシュは最高レベルの味を誇るコーヒーメーカーでしたが、果たしてリニューアルはどうでしょうか?

アロマフレッシュ(AFG622-1B、AFT1022-1B)基本情報

杯数違いの機種の名前が”アロマフレッシュ”に統一された

アロマフレッシュには、6杯用と10杯用の2機種あります。それぞれ型番は、AFG622-1BとAFT1022-1Bになります。このリニューアルで、型番のAFG621、AFT1021から変更になっています。以前の機種では、6杯用のことを”アロマフレッシュ”、10杯用のことを”アロマフレッシュサーモ”といって区別していましたが、ラインとしてアロマフレッシュという名前に統一されました。

6杯用、10杯用、杯数以外の違いは大きく2点

1点目は容量

6杯用は750mlで、10杯用1250mlです。1杯当たり125ml換算になります。コーヒーカップ1杯が125mlくらいですので、マグカップ1杯作りたい場合は2杯分くらいが目安になると思います。容量が違うため、製品サイズも異なり、10杯用の方が一回り大きいサイズになっています。10杯用は「でか!」と思う方が多いと思います。

2点目は、ポットの材質

6杯用はガラスポットであることに対し、10杯用はステンレス製の保温ポットになっています。保温ポットになっているため、一度に多くのコーヒーを作って、1日中、コーヒーを楽しみたいと言うことに方には10杯用がおすすめですね。

下の表はメーカーサイトより転記です。一回り大きいのが10杯用になります。

改良ポイントは、コーヒー豆を格納するホッパーの構造変更

リニューアルでは、容量などのスペックに変更はありません。ただ、高さが変更されており、その理由は新しいホッパーが採用されたためです。

旧品唯一の欠点を改良。ホッパーが改良された経緯と理由

ホッパーが改良されたのは、以前の機種で豆滑りの問題が発生していたためだと考えられます。豆滑りとはホッパー内にコーヒー豆が入っているのにコーヒーが挽かれず、コーヒー豆が滑ってしまい、薄いコーヒーができてしまうことを指します。

アロマフレッシュのような、ミル付きの全自動タイプの場合、豆滑りが発生したが発生していないかは、コーヒーを飲んでみないと気付かないケースが多いため、飲んだ際に薄いと言うクレームが多く寄せられたんだと考えられます。

下の図の、左側は旧品、右側がリニューアル品です。真ん中の黒い部分がなくなっています。その豆滑りの原因である黒いパーツをなくしてことで、スムーズな動きに変わったようです。

旧品でも評価は高かった一方で、豆滑りの問題もよくレビューを読んでいると散見されました。私自身は2年間ほぼ毎日使用していましたが、豆滑りが発生したことはありませんでした。おそらくコーヒー豆の相性もあると思います。

が、コーヒー豆の相性といっていたのも旧品までで、今回のAFG622やAFT1022はそんなコーヒー豆に対しても安定したコーヒーを淹れることができるようになっています。

ホッパー以外の変わったポイント

ホッパー以外にも変わったポイントがあります。まず製品のロゴが、黒から赤に変更になっています。よりリビングでロゴが目立ちそうです(笑)また、旧品では消灯することができなかったディスプレイも照明をオフにすることができるようになっています。6杯用は、旧品では2、4、6杯刻みでしか淹れることができなかったですが、3,5も追加され、1杯ずつ入れることができるようなっています。さらに細かい攻めたレシピも組むことができるようになりました。ポットにも2杯から6杯まで1杯刻みで記載されています。

10杯用では、ポットの注ぎ口にガイドのようなものが付いています。これは注ぎ漏れ防止のようです。洗うのを忘れていると垂れてきたことがなくなりそうです。

コーヒーの味はベストクラス!

味に関しては前のモデルから引き継いで通り、良いです。コーヒー専門家のレビューでも高い評価を得ているようです。

メリタ「アロマフレッシュ」は、全自動コーヒーメーカー9製品の比較でベストバイになった製品です。

誰でも手軽にハンドドリップ感のあるコーヒーが楽しめます。識者の方々から「全体のバランスのよい、誰が飲んでもおいしく感じる味」と、比較した製品のなかで最も高い評価を受けました。お好みで挽き方や濃さを調整できる点やお掃除しやすい点など、使い勝手のよさも申し分ありません。

全自動コーヒーメーカーはメリタ「アロマフレッシュ」味良しコスパ高【MONOQLOベストバイ2022】 (shinyusha.co.jp)

私がアロマフレッシュをこんなに推す理由

なぜかメリタの人でもないのにこんなにアロマフレッシュをお勧めするのは、生活のQOLが格段に上がるからです。

こんなに簡単にコーヒーが飲めていいのか!と思うくらいハンドドリップの時より楽になります。さらにスタバでコーヒーを買う時でも「コーヒー豆のままで大丈夫です!」とどや顔できるのは、悪い気持ちにはなりません!

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥37,924 (2024/07/14 21:45時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

こちらの記事では味について詳しく解説しています。併せてご覧ください。ほんとにコーヒーを家で飲む皆さんにお勧めしたいコーヒーメーカーです!ぜひ!!

「【更新版】メリタ アロマフレッシュ 新型 製品レビュー」への1件のフィードバック

コメントする