一つ穴ドリッパー(メリタ式)のドリップコーヒーのいれ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大まかなコーヒーのいれ方は、コーヒーを蒸らしてお湯を入れるだけなのですが、使う器具によって特徴や注意点が違います。
代表的なドリッパーに関して説明していきます。
今回はドリップコーヒーの元祖、メリタ式です。

大まかなコーヒーのいれ方は、コーヒーを蒸らしてお湯を入れるだけなのですが、使う器具によって特徴や注意点が違います。
代表的なドリッパーに関して説明していきます。
今回はドリップコーヒーの元祖、メリタ式です。

コーヒードリッパーには大きく3種類ある。

これから説明していくドリッパーとそれに対応するペーパーには大きく3種類あります。それぞれ特徴があります。その違いはそれぞれのコーヒーの厚みと抽出速度にあります。細かく説明していきます。

台形 一つ穴ドリッパー(メリタ)

台形のペーパーを使用し、一つ穴ドリッパーは通常のメリタ式ドリッパーと言われます。穴の数が違うものがありますが、それは抽出速度が異なるだけで、ポイントは同じです。

台形 ドリッパー式の特徴はコーヒー層に厚みがあり、抽出速度が他の2つと比べると遅い点にあります。
層が厚いことで、無駄なくコーヒー豆を使って抽出することができます。
またドリッパー自体の特徴として抽出速度が遅いため、人の手でお湯を入れるときに人の手で調節する必要がありません。

出典 : www.amazon.co.jp

バスケットフィルター(カリタ)

二つ目はバスケットフィルタになります。ウェーブフィルタともいいます。
以前は、カリタ式と言えば、台形 三つ穴ドリッパーでしたが、ここ数年、ウェーブドリッパーに変わってきました。
ウェーブフィルタの特徴は立てロシと呼ばれる特殊なペーパーを使うことにあります。
この立てロシ、ウェーブペーパーは業務用のコーヒーメーカーにひろく使われている方式です。
その特徴はコーヒーの厚みが薄く、抽出速度が速いことにあります。
ウェーブペーパーは台形ドリッパーとは異なり、コーヒーの厚みが薄くかつ、全体から抽出することができます。
そのため、お湯を入れるタイミングや入れ方を工夫することで苦いコーヒーも、酸味が効いたコーヒーも作ることができます。

出典 : www.amazon.co.jp

円すい形 一つ穴ドリッパー(ハリオ)

最後はハリオ式と言われる、円すい形のペーパーに大きな一つ穴が開いてあるドリッパーについてです。
ハリオ式の中にはケメックスやクリスタルドリッパーなど最近話題の製品が多くあります。

特徴は円すい形のペーパーと抽出速度の速いドリッパーです。ウェーブペーパーに比べると、コーヒーの厚みは増しますので、一見濃いめのコーヒーしかいられないのではないかと思いますが、大きな一つ穴のおかげで早く落とすこともできるようになります。
そのためウェーブフィルタと同様に濃いめのコーヒーから薄いコーヒー、酸味の強いコーヒーまで自由度が高いドリッパーと言えると思います。

出典 : www.amazon.co.jp

メリタ式のいれ方

台形ペーパー、一つ穴ドリッパーのいれ方の説明をします。
蒸らしを入れたら一気にお湯を入れるが原則です。

メリタ式のいれ方は、4ステップです

①ペーパーをセットして、コーヒーを入れる。
 コーヒーの量は、1杯あたり8gを目安にしてください

②コーヒー全体にお湯をかけ、30秒ほど蒸らす
 この時にお湯の温度は90~93℃にしてください。沸騰直後のお湯では、苦みが出すぎてしまいます。全体にかけ、豆が新鮮であれば、膨らんでくると思います

③杯数分のお湯を一気に注ぐ。
 メリタ式の特徴は、いれる人がお湯の速度を調節する必要がないことです。
 1杯あたり140㏄を目途に、杯数分一気にいれます。その際に回しても回さなくても大丈夫です。(動画では回さないこととなっていますが)
 あとはドリッパーとペーパーが最適な抽出時間に調節してくれます。

④お湯が落ち切るのを待って、サーバー内を攪拌させる
 お湯が落ち切ったら、必ず、コーヒーをひと回ししてください。スプーンで一度かき混ぜればOKです。これはコーヒーが抽出前半と後半で成分の濃度が違うため、サーバー内で分離していることがあるからです。一度かき混ぜればちゃんと混ざります。

メリタ式ドリッパーはドリッパーとペーパーが自動で美味しいコーヒーを入れてくれます。要はグッツが適切な抽出時間を調整してくれるということです。
2〜3杯の場合、2分半から3分くらいでしょうか。
なので入れる人はコーヒーの量とお湯の量、温度を管理して、どかっとお湯を入れるだけなので、簡単にできるのです。

メリタ式はこんな人、コーヒーにおすすめ!

ドリップコーヒーをいれたことがなくて、始めてみたいという方や、常に同じコーヒーをいれたい方におすすめです。
また新しいコーヒー豆を買ってきて、その豆の特性を把握するための試しに使うなのてのも、抽出時間がブレにくいメリタ式の有効活用だと思いますよ!

最後に言いたい、ドリッパーの穴の数の議論について

一番簡単にドリップコーヒーをいれれる道具としてメリタ式を説明しましたが、注意点があります。私がメリタ式とした中にはドリッパーに複数の穴が開いているものも含まれます。複数穴が空いたドリッパーの場合、本家メリタのドリッパーに比べると、抽出時間が早くなります。
その場合は蒸らしの時間を長くしたりする事で全体の時間を調節する必要がありますので、ご注意ください!

本当のコーヒー理論からすると穴の数のなんてどうでもよくて、コーヒー厚みやお湯の抜ける方向、抽出時間が重要なんです!
穴が3つだからいいとか、4つの方がいいとか、そういう議論はやめましょう笑

とはいえ、メリタ式が他のカリタ、ハリオと比べても調整しやすいのは明らかです!
またどこのスーパーでも道具を売っているので、そういうところもいいポイントの一つですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*