シロカの全自動コーヒーメーカーを全網羅!全自動コーヒーメーカーの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

挽きたてのコーヒーの香り高さは格別のものです。豆と水を入れるだけで挽きから抽出までしてくれる全自動コーヒーメーカーがあれば、家でくつろぎながら手軽に挽きたてコーヒーが味わえます。
洗練されたデザインのシロカの全自動コーヒーメーカー。選ぶポイントは「ミル」と「サーバー」の種類です。初心者の方にはプロペラ式ミル、本格派の方にはコーン式ミルをご紹介します。

全自動コーヒーメーカーを選ぶポイントとは

挽きたてのコーヒーを家にいながらにして手軽に楽しむなんて、理想的な暮らしですよね。全自動コーヒーメーカーはそんな理想を満たす心強い味方となってくれます。
でも、全自動コーヒーメーカーなんて高価で手が出ないのではないか、どうやって選べばよいのかわからないーーそんなイメージをお持ちの方もたくさんいらっしゃることでしょう。
そんな方に、どのような点に注目して選べばよいのか、ポイントをご紹介していきましょう。

全自動コーヒーメーカーで一番重要なのはミルの構造。

全自動コーヒーメーカーを選ぶポイントのひとつに、どのようなタイプのミルを使用しているかということが挙げられます。同じ豆を使っていても、ミルの方式により淹れたコーヒーの味わいは大きく異なります。
電動ミルの方式には、高速なカッターが回転するプロペラ式、上下の臼ですりつぶす臼式、固定歯と円錐状の歯で粉砕するコーン式があります。従来の全自動コーヒーメーカーはプロペラ式が主流でしたが、最新の機種ではコーン式のミルを搭載したものもあります。
ミルの種類によってどのような違いがあるのでしょうか。

ざっくりいうと、プロペラ式の方が初心者の方で安価だけど、コーヒーの味はぶれてしまう。
逆にコニカル式の方が本格的で、コーヒーをこだわりたい人向けになります

プロペラ式ミルとは

プロペラ式ミルとは、プロペラ状のカッターが高速回転する打撃により豆を粉砕するタイプのミルです。ミキサーのような構造で豆を挽く構造です。
プロペラ
式は摩擦熱が発生しやすく、粒度の均一性にも劣ります。コーヒーの抽出において、粉の大きさが均一でないということは、雑味の原因や再現性の低さにつながります。また、雑味の原因となる微粉も発生しやすいと言われています。
しかし、プロペラ式ミルのメリットは価格帯の低さにあります。挽きたてのコーヒーの風味をお求めやすく味わいたいという初心者の方にはおすすめのタイプとなります。

コーン式ミルとは

コーン式ミルとは円錐状になっている歯が回転し、固定された歯との間で細かく切り刻むように豆を粉砕するタイプのミルを指します。低速回転のため摩擦熱が少ないことと粒度を一定にできるという理由から、より香り高くおいしいコーヒーが淹れられるのです。さらに、歯と歯の隙間を調整することで挽き目の調整をすることが可能です。

出典 : www.melitta.co.jp

家庭用ミルの最高峰のコーヒーグラインダーもコーン式を採用しています。
コーン式は挽き目・挽き具合の調整ができることがメリットです。
コーヒーの味には、挽き具合は非常に重要です!

デロンギ デディカ コーン式コーヒーグラインダー 極細~粗挽き 【粒度18段階設定】 KG521J-M

Amazon楽天市場

段階調整できるミルが理想的

さらに、全自動コーヒーメーカーに挽きの程度を調整できる機能が付いていれば、よりお好みに合ったコーヒーを淹れることができます。
コーヒー豆は細かく挽くほど成分が抽出されるため濃く苦みが強くなります。逆に、粗く挽くことで薄く苦みが少ない酸味の強いコーヒーとなります。好みに合わせた挽き方で、より最上の一杯となるのです。段階調整できるミルであれば、この豆にはこの挽き方を…と楽しみが広がりますね。

ミルについての細かい説明はこちらから

コーヒー初心者でもわかる!家庭用電動ミルの選び方

ミルと買って、豆を挽いてかっこいいコーヒーライフを送ってみたいとおもっていませんか?だけど、ミルってどこを見て買ったらいいのかわからないっていう方が多いと思います…

ガラスサーバーとステンレスサーバー

また、コーヒーサーバーの素材も大切なポイントです。一般的なサーバーは耐熱ガラスでできていますが、近年は魔法瓶のようなステンレス素材のサーバーも登場してきています。
ガラス素材のサーバーは安価で手に入れやすいのが利点だといえます。一方、ステンレスサーバーはガラスサーバーより保温性が高く、また割れる心配がないので長く愛用することができます。サーバー自体に保温性があるため、本体の保温の必要がなく煮詰まることもありません。
 

ミル以外にもサイズや清掃のしやすさは確認すべき!

ミルの有無や、コーヒーが作れる量だけでなく、他に確認してほしい部分があります。

特に「ミルと抽出部の関係性」や「ミルの清掃ができるか」については、発売前に確認してほしいポイントになります。

詳しくは別記事にて紹介しています。

誰も教えてくれない!新説!全自動コーヒーメーカーを買う前に絶対…

これまでいろんな全自動コーヒーメーカーを紹介していきましたが、紹介する際に見るポイントを自分なりに決めていました。今回は全自動コーヒーメーカーを買う前に確認して…

シロカ プロペラ式全自動コーヒーメーカー;SC-Aシリーズ

初心者でも大丈夫。蒸らし機能で本格的な味わいに

おいしいコーヒーを淹れるための大切なステップが「蒸らし」です。蒸らしとは、コーヒーを淹れる際にはじめに少量のお湯を注いでいったん待つという作業のことを指します。
コーヒー粉に含まれる油脂分は水をはじく性質がありますが、蒸らすことで油脂分と水分とがなじんで浸透しやすくなります。それによってコーヒーの粉に均等にお湯が行きわたり、コーヒーの味をしっかりと引き出すことができます。
シロカのプロペラ式全自動コーヒーメーカーには、この蒸らし機能がプログラムされているもの(SC-A221/SC-A211/SC-A111/SC-A121/SC-A130)があります。
 

便利なメッシュフィルター

ステンレスメッシュフィルターは、ペーパーフィルターでは通すことのできないコーヒーオイルも逃さず抽出することができます。。よりコーヒー豆のもつコクを引き出すことができるのです。
メッシュフィルターで抽出すると、コーヒーの表面にオイルが浮かんでいるのを見ることができます。このオイルも一緒に味わうことで豆本来のワイルドな風味が広がります。
もちろん、洗って繰り返し使えるため、ペーパーフィルターのように使い捨てではない点もうれしいですね。

ペーパーレスのコーヒーメーカーをお探しの方はこちらもおすすめ

おすすめのペーパーレスのコーヒーメーカー5選

自宅でもインスタントではなく、ドリップした美味しいコーヒーが飲みたいと思ったとき、コーヒードリッパーの購入を検討するかと思います。一般的なドリッパーはペーパードリ…

お手入れも簡単、取り外し可能なパーツ

全自動コーヒーメーカーというと、メンテナンスが面倒なのでは?とお思いの方もいらっしゃることでしょう。しかし、シロカの製品は洗う必要のある部品はまるごと取り外すことができます。
ミル付きバスケットやフィルターなど、汚れる部分はすっぽりと取り外して洗うことができるため、お手入れもらくらくです。

スタイリッシュなカラー展開に注目

シロカの全自動コーヒーメーカーはデザインもカラーも洗練されています。
特に、注目すべきはカラー展開。機種により異なりますが、ステンレスシルバーやタングステンブラック、鮮やかに目を引くレッドもあります。
従来のコーヒーメーカーのイメージを覆す洗練されたカラーは、コーヒーのある暮らしをいっそう彩り豊かにしてくれることでしょう。

プロペラ式全自動コーヒーメーカー、SC-Aシリーズの性能比較

SC-A221

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A221 ステンレスシルバー 新ブレード搭載 [ガラスサーバー/静音/粒度均一/ミル内蔵4段階/豆・粉両対応/蒸らし]

Amazon楽天市場

・ガラスサーバー
・蒸らし機能あり
・中細挽き
・ミル段階…1(1杯用)、2(2杯用)、3(3杯用)、4(4杯用)
・新ブレード搭載モデル

SC-A211

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A211 ステンレスシルバー 新ブレード搭載[ガラスサーバー/静音/粒度均一/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし]

Amazon楽天市場

ガラスサーバー
・蒸らし機能あり
・中細挽き
・ミル段階…1(1杯、2杯用)、2(3杯、4杯用)
・新ブレード搭載モデル

SC-A121

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A121 ステンレスシルバー[ガラスサーバー/ミル内蔵/ドリップ方式/保温/蒸らし]

Amazon楽天市場

・ガラスサーバー
・蒸らし機能あり
・中細挽き
・ミル段階…1(1杯用)、2(2杯用)、3(3杯用)、4(4杯用)

SC-A111

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A111 [ガラスサーバー/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし]

Amazon楽天市場

・ガラスサーバー
・蒸らし機能あり
・中細挽き
・ミル段階…1(1杯、2杯用)、2(3杯、4杯用)

SC-A130

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A130 [ステンレスサーバー/ミル内蔵4段階/最大4杯/豆・粉両対応]

Amazon楽天市場

・ステンレスサーバー
・蒸らし機能あり
・中細挽き
・ミル段階…1(1杯用)、2(2杯用)、3(3杯用)、4(4杯用)

STC-501

siroca 全自動コーヒーメーカー STC-501[ステンレスサーバー/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし]

Amazon楽天市場

・ステンレスサーバー
・蒸らし機能なし
・中細挽き
・ミル段階…1(1杯、2杯用)、2(3杯、4杯用)

STC-502

シロカ コーヒーメーカー 全自動 ステンレスサーバー レッド STC-502

Amazon楽天市場

・ステンレスサーバー
・蒸らし機能なし
・中細挽き
・ミル段階…1(1杯、2杯用)、2(3杯、4杯用)

シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー;SC-Cシリーズ

本格派の方向け、コーン式の全自動コーヒーメーカー

コーン式ミルとは円錐状になっている挽き刃が回転し、固定された挽き刃が細かく切り刻むように豆を粉砕するタイプのミルを指します。低速回転のため摩擦熱が少ないことと粒度を一定にできるという理由から、より香り高くおいしいコーヒーが淹れられるのです。
この全自動コーヒーメーカーは豆を粉にする際の粒度を無段階に調整することができます。その日の気分や豆のタイプに合わせて、ぜひお好みの一杯を見つけてみてください。

自動計量、タイマー機能までプラス

コーヒー豆の自動計量をしてくれる機能がついていると、毎回豆をはかる手間が省けて、より手軽に挽きたてコーヒーを楽しむことができます。一度に100gまで入れられる容器から、お好みの杯数に応じて自動的に計量してくれます。
また、タイマー機能があることで予約した時間にコーヒーを味わうことも可能です。生活の中のほっと一息つきたい時間に、香り高い挽きたてコーヒーが待っているというのはなんとも理想的ですね。今や全自動コーヒーメーカーは、ここまでの進化を遂げているのです。

真空二重ステンレスサーバーが秀逸

真空二重ステンレスサーバーのついている機種もあります。抽出したコーヒーが冷めにくいため、淹れたてのおいしさを長く楽しむことができます。ステンレスサーバーにより本体の保温が必要ない機種なら、ついつい時間がたってしまってもコーヒーが煮詰まってしまう心配がありません。

コーン式全自動コーヒーメーカーの性能比較

SC-C111

siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111 ステンレスシルバー [コーン式ミル/ガラスサーバー/紙フィルター/選べるテイスト/予約タイマー/自動計量/豆・粉両対応]

Amazon楽天市場

・ガラスサーバー
・テイスト(マイルド/リッチ)
・ミル段階…無段階(細挽き~粗挽き)
・保温機能あり(30分)
・ペーパーフィルター

SC-C121

siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121 タングステンブラック [コーン式ミル/Wステンレスサーバー/紙フィルター/選べるテイスト/予約タイマー/自動計量/豆・粉両対応]

Amazon楽天市場

・真空二重ステンレスサーバー
・テイスト(マイルド/リッチ)
・ミル段階…無段階(細挽き~粗挽き)
・保温機能なし(サーバーで保温)
・ペーパーフィルター

SC-C122

siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122 ステンレスシルバー [コーン式ミル/ステンレスサーバー/ステンレスフィルター/選べるテイスト/予約タイマー/自動計量/豆・粉両対応]

Amazon楽天市場

・真空二重ステンレスサーバー
・テイスト(マイルド/リッチ)
・ミル段階…無段階(細挽き~粗挽き)
・保温機能なし(サーバーで保温)
・ステンレスフィルター

ドリップ式コーヒーメーカー、SCM-401

シンプルなコーヒーメーカーを求めている方には、ぴったり

siroca ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401[メッシュフィルター/ドリップ方式]

Amazon楽天市場

シロカのコーヒーメーカーには、全自動ではないものもあります。シンプルで使いやすく、スタイリッシュなデザインのコーヒーメーカーを探している方には、こちらもおすすめです。

最後に

いかがでしたか?「全自動コーヒーメーカー」といっても、さまざまな機種があるんですね。
ひとまず手頃な価格で使ってみたいという方にはプロペラ式のもの、挽きにこだわった本格的な一杯を全自動で味わいたい方にはコーン式のものがおすすめです。淹れてすぐに飲むことが多いならガラスサーバー、しばらく保温してから飲むような場面ではステンレスサーバーを…などとライフスタイルに合わせてチョイスしてみてはいかがでしょうか。
また、全自動ではなくてもシロカのスタイリッシュなコーヒーメーカーは、インテリア性も高くておしゃれですね。毎日のリラックスタイムに、ぜひお気に入りのコーヒーメーカーを加えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*