画期的!?あえて遅く挽くミル。カリタの「スローG15」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カリタから、新しいコーヒーミル「スローG15」が発表されました。その機能は、あえて遅く挽くミル!どんな機能があるのか、紹介します。

カリタの「スローG15」

カリタから新しい電池式コーヒーグラインダーが発表されました。
その名も、「スローG15」。機能は遅く挽くことです。

出典 : www.kalita.co.jp

機能は”あえて”遅く挽くこと!

遅く挽くことで酸化を抑える

カリタのHPによると
『ゆっくり挽くことで摩擦熱が少なくなり、酸化が抑えられ、微粉が出にくくなっています。』
ということです。

そのスピード、中挽き15g/約5分くらいです。
これはかなり遅いです。

一番安いタイプのグラインダーでも、15g挽くのに、15秒程度ではないでしょうか?
それを5分かけて挽くって、、どういうことって感じですね。

色は二色展開で、値段はちょっと高め

出典 : www.kalita.co.jp

デザインも特徴的です。色は2色展開です。
値段が若干高くて、1万円になります。

ここまで挽くのが遅いグラインダーは例がなく、かなり気になりますね。。。

最後に

遅く挽くミルはこれまでも発売されたことがありますが、
ここまで挽くのが遅いミルは聞いたことがありません。ほぼ手挽きミルと同じくらいだと思います。

はたして味に違いが発生するのか、今後実機で確認してみたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*